COLUMN

簡単ダイエットレシピ 〜パーティーにも!野菜たっぷり豆腐ディップ〜


ダイエット中でも味気ない食事は嫌! 今回はそんなあなたのために、シャキシャキの生野菜、甘い蒸し野菜が美味しくいただける、ヘルシーな豆腐ディップをご紹介します。


サラダだけでは満たされない…という人も、芋やかぼちゃを加えることで満腹感が得られます。添える野菜を工夫すれば見た目も華やかでヘルシー! 女子会の前菜にしても喜ばれること間違いなし!

それではさっそく、豆腐ディップの作り方をご紹介します。

●豆腐ディップ
・絹ごし豆腐…1/2丁(150g)
・マヨネーズ…大さじ1
・白すりごま…大さじ1
・醤油…小さじ1/2

1)豆腐はキッチンペーパーに包み、皿などをのせて30分ほど水切りしておく。
2)ボウルに1)の豆腐を手で崩しながら入れ、泡立て器でぐるぐる混ぜる。
3)マヨネーズ、白すりごま、醤油を加えて、そのつどよく混ぜる。
4)器に入れ、お好みの野菜とともに盛り付ける。

泡立て器で混ぜるだけのとても手軽な作り方です。もっとなめらかな食感にしたい場合は、裏ごしをするとクリーミーになります。

今回添えたしゃきしゃきの生野菜は、ラディッシュとミニ大根。せいろで蒸した甘い蒸し野菜は、かぼちゃ、ブロッコリー、れんこん、ヤングコーン。彩りを見ながら、バランスよく盛り付けていきます。

せいろで蒸した熱々は美味しいけれど、忙しくてなかなか…という方は、ほうろうなどの容器が便利。

蒸したれんこんやヤングコーン、ブロッコリーなどを入れて冷蔵庫で保存し、好きなものをちょこちょこ取り出して盛り付ければ簡単ですよ!

余談ですが、サラダ用の葉野菜も鮮度面では、食べる分だけその都度ちぎって洗って…がベストですが、毎食ごとの用意はちょっと面倒ですよね。これらもまとめて下準備しておくとラクです!

葉っぱ類は食べやすくちぎって洗い、しっかり水切りしてキッチンペーパーでふわっと包み、ファスナー付ビニールに入れて野菜室で保存します。

大きめのほうろう容器などに入れておくといいのですが、スペースがなければ袋でもOK! 朝ごはんや遅く帰宅した夜ごはんでも、ぱっと袋から葉っぱをつかむだけ。あっという間にサラダができ上がります。

ダイエット中は特に、いろいろな野菜をまとめて下準備しておくとスピーディーにヘルシーごはんが作れていいですね。ぜひ、お試しください!
(森崎 繭香)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP