COLUMN

小顔に見えるサングラス&メガネの選び方


どんなにがんばっても、骨格などの影響で小顔に見えにくい人も居ます。そんなときに、サングラスやメガネの選び方ひとつで、小顔の印象を与えることができます。今回は、小顔に見えるサングラスやメガネの、選び方のコツを紹介いたします。


■基本は大きめのサングラス
外出時には、紫外線ブロックも兼ねて、サングラスをかけることをおすすめします。大きめのサングラスは、顔を小さく見せる効果もあります。小さいサングラスや、小さなめがねをかけていると、顔の輪郭が強調され、顔が大きく見えてしまう傾向にあります。

■サングラスのフレームの大きさ
サングラスやメガネのフレームを選ぶ際に、小顔効果を出すためには、自分の顔の大きさと同じ位のフレームか、顔幅より少し大きめのフレームがオススメ。

自分の顔の輪郭よりも小さいフレームを選ぶと、顔の大きさが強調される場合が多いですので、小顔効果を狙うなら避けましょう。また、顔の輪郭から極端に出過ぎるフレームは、全体のバランスを崩してしまうことがあるので、気をつけましょう。

■サングラスのフレームの形
フレームは、スクエアー系(角ばったイメージのもの)のものがおすすめ。丸顔にラウンド系(丸系フレーム系)を選んでしまうと、やわらかい印象を与えますが、余計顔が丸く見え大きさを強調してしまうことがあります。

また、フレームの厚さに関しては、若干厚めのものがおすすめです。メガネの輪郭をしっかり見せることで、メガネに意識をもっていき、顔の大きさを印象づけないようにします。

■メガネのフレームの形
メガネのフレームに関しては、女性ならフルリム、男性ならばフルリムかハーフリムがお勧め。アンダーリムは特徴的な形のため、顔とのバランスを取るのが難しいです。また、ツーポイントに関しては、小顔に見せる効果がほとんど無いため、小顔効果を目指す方にはお勧めできません。

■サングラスフレームカラーのおすすめは? 
サングラスで小顔に見せたいならば、フレームのカラーはブラック系が1番おすすめ。次に茶系、濃い赤系の順番。薄い色のフレームだと、顔全体のイメージがぼけてしまうことがあるので、あまりおすすめできません。メガネのフレームカラーも大体同じイメージです。

■紫外線カットタイプを選ぶ
サングラスを選ぶ際には、小顔を意識したデザイン性も重要ですが、紫外線対策もとても大切になります。サングラスにはタイプがあり、サングラス、おしゃれ用サングラス、紫外線サングラスがありますので、ぜひ、紫外線99%以上カットのタイプをおすすめします。

■レンズの色
サングラスのレンズカラーは、茶系などが定番ですが、クリアカラーに近いものもありますので、デザイン性にあわせてお選びください。ただし、レンズカラーと紫外線ブロック率は比例しないため、色が暗いと良いというわけではないので、注意が必要。

また、暗すぎるレンズだと、視界が悪くなることもありますし、暗いところでは、瞳孔が開いて光を取り込もうとします。そのため、自然と紫外線を吸収するリスクも高くなってきます。紫外線を防ぐには、帽子をかぶり、適度にカラーの入ったサングラスがおすすめです。

■サングラスをかけるときの髪型
大き目のサングラスをかけるときの髪形ですが、なるべく髪でサングラスを隠さないようにしましょう。顔の大きさを隠すようにサングラスやメガネを隠すことで、少し暗い女性に見られてしまうことも。髪で隠すところは、顎のラインを重視して、目の周りはすっきりとさせておきましょう。

これから日差しが強くなるシーズンです。紫外線対策を行うサングラスやメガネをしっかり見極め、小顔イメージも意識して、目元のおしゃれを楽しみましょう。
(田中 愛)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP