COLUMN

1日中ウルウルな目元を演出できる4つの方法


ばっちりメイクをしていても、時間が経つごとに肌が乾燥し、メイクも崩れてしまいがち。特に目元の乾燥を気にする人は多く、デスクワークの人だと目が充血してしまうこともあるでしょう。そこで、今回は綺麗な目元を1日中続けるための方法をピックアップしてみました。


■1.目薬は常備して! 
目が充血していると、それだけでイメージダウンになってしまいます。せっかくのアイメイクも台無しになってしまうので、目薬を常備しておきたいところです。

目薬にもいろいろな種類があり、潤い成分が豊富なものや、目の疲れを取り除けるものなどがありますが、充血に効果的な「イノクサ」や「バイシン」などの成分が含まれている目薬が良いでしょう。実際にトップモデルや女優にも持ち歩いている人が多いと言われているので、この機会に自分に合った目薬を選び、使ってみてください。

■2.まぶたのストレッチでリラックス
肩や首が凝ったらマッサージするのと同じで、目が疲れたときにもストレッチが必要です。目を上下左右に動かし、凝りをほぐすイメージでストレッチしてみましょう。

また、目を大きく見開いた後にまぶたが伸びていることを感じながら目をギュッと閉じるのも効果的。まぶたが引っ張られているような感じがして、目の疲れが軽減されるはずです。

■3.ジェルタイプのアイテムをチョイス
いつものメイクにひと工夫加えるだけで、メイクを長時間保つことができます。アイライナーはウォータープルーフタイプのものを使用することが大前提。アイシャドウはパウダーのものではなく、ジェルタイプのものの方が落ちにくく、夕方になっても発色がいいと思います。

クリームタイプも肌への密着度が高いので、パウダー系よりも化粧崩れしにくいでしょう。化粧品を変えてみるのも1つの方法なので、自分に合ったアイテムを選んでみてください。

■4.スマホやPCからの刺激を軽減して
スマホやパソコンからのブルーライトによる、目に見えない刺激も大きく影響していると考えられます。パソコンを使用する際はパソコン用の眼鏡を着用したり、時間に気を付けたりして注意しておきましょう。

また、最近はスマホ用アプリのバリエーションも豊富で、スマホの画面に薄いフィルターがかかり、目を保護してくれるというものまで登場しています。少しでも目への負担を抑えられるように、ぜひ活用してみてください。

いかがでしたか? 朝のメイクが夕方になってもそのままの状態を保てるように、いろいろと対策を練ってみてくださいね! 
(RUREI)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP