COLUMN

ほうれい線やむくみもスッキリ、夕方のお疲れ顔対策マッサージ


帰宅中の電車の窓に映った自分の顔を見て、あまりの疲れた表情にギョッとした経験はありませんか? お疲れ顔の原因は血行が悪くなってくすんだり、ムクミで顔全体が下がった印象になり、ホウレイ線が目立ってしまう等があげられます。


これらの症状を解消するためには、血流やリンパの流れを促して、ムクミやたるみを撃退することが重要。そこでお疲れ顔が気になったら即実践してほしいマッサージ方法をご紹介します。

■脇の下を強めにマッサージ
まずは、リンパ節が集まっている脇の下を集中的にマッサージ。右手の親指以外の4本の指を、脇の下にギュッと押し入れ、円を描くように10回動かします。反対側も同様に行いましょう。ちょっと痛気持ちいい程度の強さで行うのがポイントです。

■耳から鎖骨へ向けてリンパを流す
耳をつかんで、引っぱりながら前方向にグルグルと回しましょう。次に後ろ方向も同様に回します。前後10回ずつ回し終えたら、耳の後ろに人さし指、中指、薬指の3本をあて、鎖骨に向けてリンパを流すようにマッサージ。ゆっくりとなでるように5回ほど行いましょう。

■鎖骨をグルグルマッサージ
鎖骨周りもリンパ節が集まっているので、念入りにほぐしましょう。右手の人さし指と中指を揃えて、左の鎖骨の上の凹みにそえ、指を離さないようにグルグルと押し回します。

外側から内側へズラしながら行い、鎖骨の上部が終わったら下部もマッサージ。内側から外側へ向けてズラしながら押し回したら、脇の下へリンパを流すようにさすりましょう。

■舌を回して顔のコリをほぐす
口を閉じたまま舌を大きく回しましょう。舌先で歯茎をなでるように10回程ぐるりと回します。次に反対周りも10回行いましょう。慣れてきたら舌先を前方向に押し出すようにして、口の内側から顔の筋肉を刺激しましょう。特にホウレイ線部分は内側からアイロンをかけるように伸ばすようなイメージで行って! 

これらのマッサージは滞ったリンパの流れを促して顔の血流を良くしてくれる効果が。夕方になるほどたるみがちな顔の下半分をスッキリと引き締め、お疲れ顔をリフレッシュさせて下さいね。
(YUKICO)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP