COLUMN

新生活をスッキリ暮らす! 散乱する洋服のカンタン整理術


環境の変化が多い春。就職や異動などで引越して、新しい部屋で生活を始めた人もいるでしょう。ずっとキレイな部屋で過ごしたいですよね。でも、気がつくと散らかっているという人も多いのでは?


部屋が片付かない原因の上位は、散乱する洋服です。簡単にできる整理のコツをつかんで、スッキリとキレイな部屋をキープしましょう。

■クローゼットの中はシーン別に整理
洋服を収納するクローゼット。ただやみくもに洋服を詰め込んでいるだけでは、着たいものもすぐ見つけられず、服が“たんすの肥やし”状態に。

大切なのは、クローゼットの中でしっかり洋服の定位置を決めておくことです。そうすればお目当ての洋服も探しやすくなる上、戻す場所が決まっているため、部屋に洋服を散乱させることもないはず。

クローゼット整理のコツは、洋服を着るシーン別に収納ゾーンを分けること。たとえば「仕事用」「プライベート用」などに分け、さらにトップス、ボトムスのアイテムごとにまとめて収納するのがおすすめです。

パーティ用ドレス、冠婚葬祭用のスーツなど、使用頻度の低いものは、少々取り出しにくい場所にしまっておいてもOKです。

■アイテムの一工夫でラクラク整理
ジャケットやボトムスなど、型崩れが気になる服は、できるだけハンガーにかけるようにしましょう。このとき、ハンガーの種類を同じもので統一しておくと整理しやすく、見た目もキレイです。

また、Tシャツやカットソーなどのインナー類は、たたんで引き出し型の収納ボックスなどに。積み重ねると下の方にある服が取り出しにくいので、立てて収納するのがおすすめです。

ブックエンドを仕切り代わりに使うと、立てた状態をキレイにキープできますよ。

■脱いだ服の一時置場を作る
アウターなどは、1回着ただけで洗濯することはあまりありませんよね。

「明日も着よう」と思うとクローゼットにしまうのは面倒だし、1度着た服を他のキレイな服と一緒に収納するのも抵抗がある、という人もいるかもしれません。

そんな洋服を椅子やソファーに掛けっ放しにしていては、部屋が一気に雑然とした印象に。クローゼットとは別に、一度着て脱いだ服の一時置場を作るようにしましょう。

お手軽なのは、大きめの籠や布製のボックスを用意して、その中に軽くたたんで入れておく方法。インテリアとマッチするテイストの籠などを選べば、リビングに置いておいても邪魔になりません。

シワになりやすいものや厚手のコートなど、たたんで置けない洋服は、フックなどで掛けられる場所を作っておくと便利です。ポールハンガーなどはかさばる…という場合は、壁に取り付けるフックでも。

面倒な取り付けや壁に穴をあける必要がない、ドアにセットするタイプのフックもあります。普段よく使うバッグや帽子なども一緒に掛けておけば、部屋もスッキリして、外出時もスムーズに支度ができますよ。

疲れて部屋に帰ってくると、つい脱いだ服を放置してしまいがち。でも、散らかった部屋はさらに気分を疲れさせます。整理のコツを習慣づけて、スッキリした部屋で気持ちのいい毎日を過ごしましょう。
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP