COLUMN

キケンな「恋愛依存」…依存で無くしてしまう大切なモノ


「彼氏のことが好きすぎるかも…」恋愛に夢中になって、自分の中の彼氏の存在がかなり大きくなることってありますよね。もちろん彼氏を大切に想うのは悪いことではありません。


ただ、「彼氏が隣にいないと精神的に不安定になってしまう」「彼氏のことしか考えられない」というような、自分の全てを彼氏に捧げるような依存をしてしまう恋愛は、自分にとっても相手にとっても良いものではありません。

恋愛に依存しすぎることによって、色々と失ってしまうものがあることをご存知でしょうか。今回は、恋愛依存で無くしてしまうものをまとめてみました。

■仕事
恋愛依存が強くなると、仕事が手に付かなくなり、ミスをしがちになったり、体調を崩して休みがちになったりなど、仕事に悪影響が出ることがあります。最悪の場合、仕事での信用を失ってしまい、職を失う…なんてことも十分にありえます。

■お金
彼氏の人柄にもよりますが、中にはお金を貢がせたり、借りると言って返さなかったりとひどい人もいます。恋愛依存が強いと、彼氏に嫌われたくないという思いから、言いなりになってお金を渡してしまい、気づいたらかなりの借金を抱えてしまっていた、という人もいるようです。

■友達
恋愛に依存するあまり、友達との時間を作ることをしないため、どんどん友達が減ってしまいます。また、親身になって恋愛依存から脱却させようと努力してくれる友達に対しては、「余計なことは言わないで!」と敵視してしまうため、自分にとって本当に大切な人を自ら切ってしまいます。

このように、恋人に依存しすぎてしまうことによって、生きるために必要なものを失ってしまう女性も、残念ながらいるようです。ただ、自分が依存状態に陥っている時にはなかなか自分では気づくことができません。

取り返しのつかないことになる前には、必ず周りからのサインがあるはずです。「何を言われても、わたしは彼が好きなの!!」と耳をふさぐのではなく、家族や友人の言葉に耳を傾けてみてください。あなたのことを大切にしてくれるのは恋人だけではないということがきっとわかるはずですよ。
(畑中 へそ)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP