COLUMN

驚きのカカオパワー【前編】チョコレートの凄い美容効果


チョコレートを食べると幸せな気持ちになる人は多いのでは? それには、ちゃんとした理由があるのです! もうすぐバレンタインなので、今回はあまり知られていない、チョコレートの凄い効果の一部をご紹介いたします。


■チョコレートは美白とダイエットに効果アリ!? 
抗酸化作用が高いと言われているポリフェノール豊富なチョコレートを、日焼け後に3ヵ月間食べた人は食べなかった人に比べ、日焼け後のシミや色素沈着、乾燥などの症状が出にくかったという話を以前参加したチョコレートのセミナーで聞きました。

また、ビターチョコレートはミルクチョコレートやホワイトチョコレートと比べ、満腹感を与えるらしく、ダイエットに大敵な甘い物や高脂肪な食べ物への食欲を抑えてくれる効果があるとか。

ダイエット中にダークチョコレートを一口食べることで、食べ過ぎを抑え無理なく食事制限ができるのでオススメです。(ただし、チョコレートの食べ過ぎには注意です)

■チョコレートは神経に効く?  
カカオに含まれるアルカノイドという物質は、人間のポジティブな感覚を左右する神経伝達物質セロトニンの分泌に影響を与え、チョコレートを食べるだけでハッピーな気分になると言われています。

ストレスを強く感じている人にビターチョコレートを食べてもらったところ、ストレスホルモンのレベルが下がそうです。疲れた時にチョコレートを食べてホッとするのは、この作用があるからでしょうか。

また、風邪等を引くと長引いて困る咳にもよいそうです。カカオに含まれるアルカノイドは、咳止め薬に含まれる物質コデインの成分でもあるので、お薬のような副作用がなく、美味しく食べられる咳止めとも言えます。(あくまでも、お薬の代替えにはしないでください!)

また、古代南米では、チョコレートは下痢などの腹痛にも効くお薬として重宝されていたという記録もあるそうです。カカオに含まれるポリフェノールは、体内のたんぱく質と結合し腸内の分泌物を整え、下痢の症状を抑える言われていて、食べ方によっては健康に良い影響を与えるではないでしょうか。

チョコレートには驚きのパワーが秘められていますが、チョコレートなら何でも良いわけではなく、健康に良いのはカカオ成分が高くてポリフェノールを多く含むビターチョコレートです。量も多く食べれば良いというわけではないので、適量を守って、美味しくキレイになりましょう。


(服部恵)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP