COLUMN

飴とムチを使い分ければ、カレはあなたから離れられなくなる!?


最近疲れている男子が周りに多くなったと思いませんか? そんなお疲れモードの男子こそ、女性のちょっとした優しさや癒しを望んでいます。


彼氏がいつも疲れていて休日は寝てばかり…なんて嘆いているのなら、なおさら。「どこか遊びに連れてってよ!」と文句のひとつも言いたくなるのをグッとこらえて、優しくねぎらってあげましょう。

■スキンシップで安心感を与える
彼女ならではの一番の特効薬はスキンシップ。「お疲れさま〜」って言いながらギュッと抱きついたり、何かしてもらったら、ちょっぴり大げさに喜びながら「ありがとう」とハグ。

たかがスキンシップとあなどるなかれ。スキンシプは安心感を与え相手の心を和ませます。スキンシップを受けないで育った子供は、早死にするというデータもあるほど。人間は本能的にスキンシップを必要としている生き物なんです。

■マッサージでさりげなくねぎらう
自分から抱きつくなんて恥ずかしい…という女性は、「肩ガチガチだよ!」と言いながら軽くマッサージしてあげるなんてのもグッド。人は「肩が凝っていますね」と言われると、無意識に「仕事がハードなんですね」、「毎日すごくがんばっているんですね」と言われたような気分になります。

今の時代の男性はなかなか社会で認められる機会が少ないので、自分のがんばりを理解してねぎらってくれる女性はとても貴重な存在。実際はそんなに肩がこってなかったとしても、「結構こってるよ〜、仕事忙しいの?」なんて言いながら癒してあげましょう。

■愛があるからこそきちんと叱る
ここで注意しておきたいのが、優しくしてあげると図に乗ってダメンズになるというパターン。女性が優しくしてあげる一方だと、いつの間にかそれが当たり前になってしまい、都合の良いオンナになってしまう危険性が。

何でも受け入れて尽くしてあげるのではなく、シメるところはきちんとシメることが重要。「ここは譲れない」とか「許せない」と思ったときは、それをちゃんと伝えて叱ることも大事です。

大人になってからは会社で怒られたり注意されたりする事はあっても、叱られること機会は激減。叱るときは怒りの感情をぶつけずに、愛情を持って「○○したらダメだよ」と伝えましょう。

スキンシップや癒しという飴と、母親のように叱るといったムチを上手に使い分ければ、カレはあなたから離れられなくなること間違いナシですよ。
(YUKICO)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP