COLUMN

男性に大人気、スキのあるメイク&ヘアの作り方


以前「モテるのはスキのあるオンナ」という恋愛記事をアップしました。スキのあるヘアメイクの特徴をお伝えしているのですが、ここではより詳しい実践法をご紹介したいと思います。


■思わず触れたくなるのは素肌っぽいふんわり肌
スキのあるモテ肌を作るには下地をていねいに塗って、しみやクマはコンシーラーでしっかりカバー。決してカバー力の強いファンデを厚塗りしたりしないこと。これが素肌っぽいのにキレイな肌をつくるキメテになります。

更にBBクリームやリキッドファンデ等をごく少量薄く伸ばします。その後パウダーをブラシでつけてフワッとさせ、思わず触れたくなるようなマシュマロ肌に。

■優しげでほんのり色っぽい目元で心を開かせて
目元は肌馴染みのいいベージュやピンクベージュをまぶた全体に塗り、目のキワと目尻は薄いブラウンで引き締めます。アイラインはブラウンのペンシルで極細に引いてボカすと、ほどよい目力があるのに優しげな印象に。

まつげはばっちり上にカールするより、ニュアンスの出るJカールがおすすめ。ビューラーでまつ毛の根元を挟んだら、あまり力を入れすぎず毛先に向けて小刻みにズラすと、ほんのり色っぽいJカールに仕上がります。マスカラはボリュームタイプよりも長さの出るロングタイプを使いましょう。

■ジューシーな頬とクチビルでドキッとさせる
チークはオレンジ系よりもピンク系をセレクト。ほお骨からこめかみに向けて斜めに入れるよりも、目の下からほお骨にかけて広めにふんわりいれると優しい雰囲気に。

クチビルは血色とツヤ感が重要ポイント。口紅だとマットすぎるし、べっとりしたグロスはキスしたときに大変そうって敬遠されがち。口紅とグロスのいいとこ取りをした、グロス系の口紅をオン。

色は派手すぎず地味すぎない、コーラルピンクがベスト。控えめな発色なのにしっとりとしたツヤがある…、そんなピュアさとセクシーさが織りなすクチビルで、しっかりスキを演出して。

■ふんわり揺れるウェーブと予測を裏切るギャップカラー
スキのあるヘアスタイルはゆるいカールのついたウェーブヘア。ヘアアイロンで髪の中間から毛先にかけてゆるく巻き、カールをほぐして大きく波打つようなゆるいウェーブに。このときヘアオイルを馴染ませると、パサつきのないしなやかな質感に。

カラーは明るすぎないナチュラルなブラウンか、旬の黒髪が男性に人気。あなたが大人しそうに見られるタイプならブラウンに、派手に見られがちなら黒髪にすることでギャップが生まれ、絶妙なスキが生まれます。

スキのあるナチュラルなヘアメイクは毎日のお手入れが大切。しっかりケアを怠らず、でもヘアメイクは控えめにして、誰もが声をかけたくなるスキのある女性を目指しましょう。


(YUKICO)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP