COLUMN

年末年始、太らないためのシンプル3つの心がけ


年末年始は忘年会に新年会と、外食や飲酒が続きますが、お付き合いも必要ですから避けて通れませんよね。そうなると週末はぐったりとして、運動する気になれないものですが、太りたくないのが本音。


今回は3つの心がけがあれば太らないカラダ作りについてお話します。誰でも日常生活に取り入れることができるので、運動をしにジムへ行くとか、食べる食材の厳選や調理法とか、手間暇かかることはしません、ただし継続すること、意識して動くが大事。シンプル3つの心がけ(運動、食事の仕方、食材)で多忙な時期でも毎日楽しくはつらつと過ごしましょう。

■1(運動): 駅までの通勤時間をウォーキングエクササイズに
冬は寒いので厚着して背中が丸まりやすいのですが、ここは下を向かずにシャキッと背筋を伸ばし、遠くを見るように歩きます。下腹にキュッと力を入れて、手は前後に大きく振り、歩幅も大きく闊歩してください。エネルギーの消費量がグッと上がります。

また、颯爽と歩く姿は美しいし、駅までの時間もいつもより短縮できます。必要なのは歩きやすい靴のみ、エコでお金をかけずにダイエットすることができますね。

■2(食事の仕方):食べ方を工夫すれば太らない
フレンチでもイタリアンでも、フルコースは結構な量ですが、そこには先人の知恵ともいうべく食べ方の法則があります。前菜でお野菜やサッパリしたもの、酸味のあるものなど胃が活性化されるものを頂き、その後にメインと続きますが、日本のように主食をたくさんいただくことはせず、パンは添えもの程度です。またデザートは食事の最後に出てきますから、ある程度お腹に食べ物が入っているため糖分を一気に吸収することは避けられます。

これらは実に理にかなった食べ方ですね。普段の食事に置き換えるなら、まずは野菜を食べ、肉や魚を食べ、最後にご飯とみそ汁、香の物といった順番でしょうか? 一人暮らしの場合はそこまでも難しいので、惣菜やレトルトを利用してパッパと作り、早い時間に食べるほうが体には良いと思います。

■3(食材):太りにくい油、亜麻仁油
野菜は油と摂るのが理想的ですが、太ると気にする人には良いものがありますよ。オメガ3脂肪酸を含む亜麻仁油です。血液中の脂肪濃度を下げる働きがあるので、太りにくいと言われています。これを野菜にかけて食べたり、パンにつけて食べたりすれば美味しくダイエットできます。

ただし、食べ過ぎは禁物、ほどほどに摂るようにしましょう。惣菜などを食べる場合も、亜麻仁油をサッとかけて食べると脂肪を摂りすぎずにすみます。亜麻仁油は熱に弱いので、加熱調理には使わないでくださいね。

■3-2(食材):簡単、ダイエットによいおつまみ
遅い帰宅、でも小腹すいた感がある時にお勧めのレシピは鮭缶サラダです。鮭缶をほぐして細かく切ったセロリや玉ねぎ、砕いたナッツと混ぜて塩コショウふるだけ、先の亜麻仁油をサッとかけるのもよいでしょう。これら材料は冷蔵庫に常備しておくといいですね。鮭やナッツ類にも亜麻仁油同様、オメガ3脂肪酸が含まれています。また、セロリは低カロリーですから食べても太りにくいです。

とにかくダイエットで無理をするのはよくありません。ちゃんと食べて、なおかつ太らない工夫をして、お肌の大敵、ストレスフリーの生活をおくりましょう。

このようなライフスタイルを身につけてしまえばおのずとダイエットでき、太りにくいカラダを作ります。おまけとして疲れにくくなるので、朝スッキリ目覚めることができます。また食後の眠気ともさようなら。コツをつかめば、その恩恵はいっぱいあります。簡単なことだから、気負わずにマイペースでじっくり取り組んでください。

冬花のインススピレーションフラワーは、ゴージャスなシンビジウム。花言葉に高貴な美人とありますが、まさにそのような雰囲気を醸し出しています。鉢植えを大事に育て、大輪の花を咲かせると幸運が舞込みます。もちろん、切り花でも高貴さは失われませんね。



(森 冬花)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP