COLUMN

男運がない…なんて諦めるのは早い!


いよいよ2014年もスタートしました。今年も(今年こそ?)Happyな恋愛をしたいものですね!


さて先日、「生まれてこのかた男運に恵まれたことがない」という女性のお話を伺いました。男性とつきあっても1か月くらいですぐフラれてしまったり、二股をかけられたりしてなかなかお付き合いが続かない、と。

最近は出会いもないので、藁をもすがる思いで占いに行ったところ「今は時期がよくない、あと2年ほど恋愛は待ったほうがいい」と言われたが、本当にあと2年待てば時期がよくなって恋愛できるのか、年齢を考えるとそんなに待っていられる余裕はないので不安だ…とのこと。

私は占いについては全くわかりませんのでその点はコメントできなかったのですが、彼女の話を聞いて一つ気になった点がありました。それは彼女が「私なんか…」「私なんて…」という表現をよく使うこと。

二股かけられたときも「私なんかを相手にしてくれて嬉しかったから…」とか、「彼が仕事の話を嬉しそうにすると、私なんて人に話せるほどの仕事してないよ〜って思って話しづらくなる」といった感じです。

皆様お気づきかもしれませんが、彼女はとにかく「自分で自分を低く見積もる」思考のクセがついてしまっているのです。

私達は成長するにつれ、周りから言われた言葉や自分自身の経験から、自分自身に対する「思い込み」や「思考グセ」を持ってしまうことがあります。例えば、子供のころ親に「お前はダメな奴だ!」と叱られることが多ければ「自分はダメな人間→だから何をやってもうまくいかないだろう」という思い込みが生まれます。

すると大きくなってから、失敗して自分が傷つくのを防ぐため、物事に深くかかわらなかったり、「自分はせいぜいこんなもの」とあらゆることに妥協してしまう面が出てくるのです。その結果、傷つかない代わりにすごく満足することもなく、ますます「やっぱり自分はダメだ」と、思い込みを強化してしまいます。

私は生まれつき男運がない人はいないと思っています。もしあなたが「どうも私はいい男と縁がない」と感じているのであれば、もしかすると自分のことを「いい男に縁がない、イケてない女」と値引いて評価しているからかもしれません。

そうだとしたら、それはすごく勿体ないことですよ。簡単に言えば、素敵な男性と恋愛したければ、自分が素敵な女性になるのが一番。(そこですぐ「素敵になるなんてムリ」なんて思ってはいけません)

「類は友を呼ぶ」ということわざがありますよね。あれは恋愛における真理だと私は思います。価値観や精神的なレベルが(良くも悪くも)似通っている人同士の恋愛は自然と長続きするのです。

素敵な女性になるための第一歩はまず「自分大好き」になることです。これは「欠点もすべて棚に上げて、ナルシストになれ」ということではありません。欠点も含めて、自分のことを大切に思えるようになるということです。

自分を大切に思えるようになれば「自分なんか、自分なんて…」という思考グセから「自分だって!」という風に徐々に変わっていけます。いい意味で自分に自信が持つことができるようになります。

「自分大好きって、ただのイタい勘違いオンナになるのでは…」なんて心配はいりません。自分を低く見積もるクセのある人は、言い換えれば「謙虚な性格である」ということ。

性格を抜本的に変えるわけではなく、自分に対するとらえ方を変えるだけなので、自分大好きになったとしても、イタい人にはなりませんのでご安心を。

今年はこのさい、あなたのことを幸せにしない思考グセならスパッと捨てて、恋愛運をUPさせ、いい出会いをgetしていきましょう。皆様の一年が楽しいものになりますように、心から願っております。


(佐藤栄子)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP