COLUMN

冬の乾燥肌対策に、蒸しタオル美容法と3つのお得ポイント


本格的に寒くなってきましたね。冬になるとエアコンの影響や外気の湿度が下がり、肌が乾燥しやすくなります。ちょっとお手入れをサボってしまうとカサカサ! せっかくのメイクの上手くノラない、という状況になってしまう場合も。


そこで今回は自宅で簡単にできる乾燥肌対策に、蒸しタオル美容法と3つのお得ポイントについてご紹介したいと思います。

■蒸しタオルの作り方
「蒸しタオル」というと蒸し器で温める本格的なものもありますが、毎日蒸しタオルを使いたい場合は簡単に濡らしたタオルを電子レンジで温めたものでもOKです。私は柔らかい素材のタオルを少し固めに絞って、ジップロックに入れてチン!

この方法なら、タオルを電子レンジから取り出す際もヤケドの心配なく簡単に作れます。「家に電子レンジがない」という人はお湯で濡らしたタオルでも十分ですが、やはりレンジで温めたものの方が蒸しタオルには近い状態になります。

■「蒸しタオル」お得ポイント1:クレンジング前
冬はなるべく水に顔を長い時間つけたくない、というのが本音です。クレンジング剤をつける前に顔に蒸しタオルをしばらくあてて汚れを浮かせ、その後クレンジングをすると普段より短時間で汚れも落とせ毛穴の奥のメイクも取れます。

クレンジングの種類にもよりますが、クリームタイプのクレンジングを使っている人には特にオススメです。温まった肌にクリームが馴染むので汚れが落としやすくなります。

そしてクレンジングが終わった後にすぐに水で落とすのではなく、蒸しタオル(使ったものでOK)で拭き取ると、さらに水ですすぐ時間も短くなるので心地よく快適にディープクレンジングができます。

■「蒸しタオル」お得ポイント2:洗顔後
クレンジングの時に蒸しタオルを使うのもオススメですが、洗顔後に蒸しタオルをすると化粧水の浸透率が上がります。蒸しタオルで毛穴の汚れが落ち、ひらいているところに化粧水をつけると、普段より肌が化粧水を吸い込むので、いつもよりしっとりみずみずしい肌になります。

もちろんその後に美容液やクリームを使うと更に効果的です。「最近化粧水の浸透が悪い」と思う人は、ぜひ一度お試し下さい。

■「蒸しタオル」お得ポイント3:血行をよくする温感パック
血液の循環が悪くなるこの季節には、蒸しタオルを使った温感パックがかなり効果的です。人肌程度に冷ました蒸しタオルを顔に当てるだけ、というとても簡単は方法です。

2つの蒸しタオルを作って、口と鼻の部分をあけるように顔全体を覆うのが一番効果的なのですが、無理な場合は乾燥が気になる頬の部分を包むように覆いましょう。

5分程度当てると顔がぽかぽかし、血液の循環が良くなります。そのままだと乾燥する場合があるので、乳液やクリームを塗ると乾燥を防ぎぽかぽかになります。

自分がやりたい時に簡単にできる蒸しタオル美容法。ちょっと肌の調子が良くない時のお助けアイテムになりますよ。


(服部恵)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP