COLUMN

開運の鍵は年末の大掃除と「心」の断捨離


今年はゴールデンウィーク並のお正月休みで、9連休の会社さんもあるようですね。何の予定も立てずにだらだら過ごせばあっという間に終わってしまいがち、是非有意義に使い、2014年を素晴らしい年にしたいものです。


そこで不可欠なのが大掃除。神社やお寺はいつ行っても綺麗に掃除が行き届いていますが、それゆえに良い気が流れ、訪れる私たちも良い気をいただけます。

あなたのおうちも同じこと、一日では到底終わりませんからスケジュールを立てて無理なく、少しずつしていくことコツです。嫌々ながらやっては良い気は流れませんよ、1年お世話になってありがとう、無事健康に過ごせてありがとうと日頃の感謝をこめ、ていねいになさってください。

最近は収納名人なる方がいて、お掃除の極意、整理整頓のすぐれワザもネットや書籍で公開していますから、それらを参考にするのもよいです。とにかく年末の年神様が来るまでに、綺麗に整えてお迎えの準備をしましょう。

目安は28日までですから今週末あたりから始めるといいですよ。そこで、冬花からのご提案です。今年はお部屋の大掃除だけでなく、心の大掃除も是非やってみてください。

長年持っているけど実は使わないものを思い切って処分してスッキリしましょうという「断舎利」が近年流行っていますが、これは心の整理にも大事なことです。

忘れられない彼への思いを温存して次の恋へ踏み出せない人もいるでしょうし、結婚に踏み切れない、優柔不断な彼とはっきりさせるのが怖くてズルズル付き合っている人もいるでしょう。また、自分のやりたいことがあるのに今の職に甘んじて一歩を踏み出せない人もいれば、口を開けば会社の愚痴ばかりという人もいます。

これではせっかく大掃除をして良い気が舞込んでも、このような悪い気がよどんでいてはご利益あるどころか帳消しされてしまいそう。ですから心の断舎利が大事なのです。今年1年を振り返っても恋愛に、仕事に、結果を出さずペンディングにしていることがあるでしょう。

それらをまずはリストアップしてみてください。そして更にちゃんと対処すべきと思うこと、そうでないものと仕分けをしていきます。そうでないものはその場で消去、あなたの胸のつかえから速攻でデリートしてください。

残りの対処すべきことをひとつひとつ、どう対処して解決していくのか、戦略を立ててみます。思い入れはあってもできること、できないこと、ここでもさらに仕分けです。

例えばずっと意中の人がいるけど既婚者、あるいは彼女がいる相手であれば、チャレンジしてうまくいったところで手放しでは喜べませんよね?であればこれもデリートです。

仕事の例でいけば、上司とどうしても折が合わず、ずっと自分我慢してきたがついには精神的につらくなり、会社へ行くのが苦痛な場合は即断が必要です。いずれ体を壊すか、上司への不満が不利な形で爆発して、いずれもあなたはハッピーではありません。

正社員の場合など部署替えの申請をすると社内にいづらいとか、辞めたら次の職がないとか、考えるとなかなか思い切れませんが、この先も仕事で頑張っていきたいなら、軌道修正は決して遅くないし、むしろ転機となるでしょう。

仕事が嫌、同僚が嫌いという自分本意なわがままと外的心労は全く違う問題です。あまり人の目を気にせず、他人は他人、私は私としっかり信念を持つことはとても良いことだと思うし、必ずそこから見えてくるものがあるでしょう。

従ってこれは対処案件1となります。いくつか挙げた対処案件に優先順位をつけ、それに基づいて早速新年から発動してください。こうやって心の断舎利をするとお部屋のお掃除のように不要なものが山のようにでてきて、それをすっきり捨ててしまえば空間が生まれます。

そこをいかに有効に使うか、これも新年の課題としましょう。新しい恋へ向かって大胆なイメチェンを考えてみたり、転職に向けての勉強を始めてみたり、心がすっきりと整理整頓されていれば計画性のある対処案を考えられるので現実的だし、実践しやすいですよね。今回の長期休みをうまく使って、来年を充実した1年にしてくださいね。

冬花のインスピレーションフラワーは赤い菊です。一輪、決意の印として机の前に飾ってみてください。気持ちが引き締まります。



(森 冬花)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP