COLUMN

パーティー・女子会・デートに大活躍、5つのお助けアイテムでさっと化粧直し


デート・合コン・女子会。仕事が終わった後に、楽しく人と合う機会が多いですよね。しかし、大事な時に限ってメイク直しの時間がなく「顔が疲れている!」「パンダ目のままだった!」と後悔した経験が女性なら1度はあるハズです。


そこで今回は、パーティー・女子会・デートに大活躍する5つのお助けアイテムについてご紹介したいと思います。

■1. 綿棒:アイメイク直しに最適
目元のメイクは皮脂や汗で崩れやすく、アイラインが黒くにじんだり、目の下のコンシーラーが落ちたりして、パンダ目になった経験は誰でも1度はあると思います。まずは綿棒に乳液をつけて汚れた部分に置き、綿棒を回転させながら目尻から目頭まで移動させるとにじみが簡単に取れます。

■2. ティッシュ:乾燥はメイク崩れの元!ティッシュで簡単に保湿
冷暖房が効いた室内をはじめ、季節の変わり目は何もしていなくても肌のコンディションが悪くなり、お肌は乾燥しがちです。そんな時は、ティッシュに軽く化粧水をスプレーして、毛穴が開きがちな小鼻の部分等をポンポンと押さえるだけ。その後、パウダーファンデーションなどでメイクを直しましょう。

■3. フェイスパウダー:ファンデーションよりも綺麗に仕上がる
基本的にファンデーションは朝に塗った分だけで十分です。塗り直すと、厚化粧になり、老けて見えてしまいます。そこで便利なのがフェイスパウダー。化粧直しの時にはこれを軽くパフではたくだけで顔色が明るくなり、厚化粧にならずに朝の状態に肌を戻す事ができます。

■4. リップライナー:口角を常にチェックして
化粧直しで鏡に向かったら、実は一番にチェックしたいポイントが口角。この部分の崩れが、メイク全体をだらしない印象に見せてしまう原因です。くちびる全体の輪郭を取り直す余裕はなくても、口角のみリップライナーで描きなおすだけで見ちがえる程の仕上がりになりますよ。

■5. チーク:化粧直しのときはチークも塗り直して
ファンデーションを塗り直してもチークは塗り直さない人が多いようですが、チークが薄くなると疲れて見えるので、メイク直しでは必ずチークも入れ直しましょう。そのとき、チークの位置を朝より上にして顔の内側まで入れると血色がパッとよくなったように見えて、お疲れ顔から抜け出せますよ。

これからのパーティーが多い季節。ちょっとしたメイク直しのコツを覚えて、どんなシチュエーションでも自信を持ってキラキラ笑顔でお出かけしましょう。


(服部恵)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP