COLUMN

モテるのは、保守的キャラ&メイク&しぐさ


ファッションセンスもいまいちだし、ドン臭くて冴えないのになぜかモテる…、そんな女性って周りにいませんか? 本命にしたい女性のタイプを周囲の男性にリサーチしたところ、保守的な女性が好き! という声が多数でした。


一番多かったモテる女性の特徴を、キャラクター、メイク、テクニックの3つにわけてお伝えしします!

■男性はダメ&ドジ&ダサイ女の子が好き!?
ファッションセンスが良くっておしゃれ、仕事もそつなくしっかりこなす女性よりも、実は冴えなくてドンクサイ女性の方が好きという男性が半数以上。男性はダメな女性を見ると守ってあげたい欲求がムクムクとわいてくるんだとか。

常に上位に立っていたいと思っている男性も多いので、おしゃれで仕事もデキる女性だとバカにされたりダメ出しされるんじゃないかって引いてしまうことも。

女性が思っている以上に男性はプライドが高いようです。おしゃれのセンスを磨くよりも、ダメな部分をさりげなくアピールして、「俺がついていないとダメだなと」思わせるのがモテの近道と言えそうです。

■ツヤと血色を意識したナチュラルメイクに萌える
男性は女性の顔を見るとき、実は細部まではあまり見ていなく、全体の雰囲気で判断している場合がほとんど。顔の大部分を占める肌がキレイであればそれだけで好感度が高く、多少パーツが整っていなくてもあまり問題ではないそう。

お肌がキレイというと毛穴ひとつないお人形さんみたいなマットな肌を思い浮かべがちですが、健康的でヌーディーな肌の方が生命力が感じられていいんだとか。

特にツヤと血色感がポイントで、表情をイキイキと見せてくれるチークや、自然なツヤ感を出すためのグロスは絶対。ベージュ系のくすんだ色より、ほんのりと健康的なピンク系で仕上げるのがベスト。

■3度目にギャップを見せるとイチコロ?!
男性との付き合いには、何においても3回目というのがキーポイント。例えば2回目までのデートはナチュラルな印象のコーラルピンク等の口紅だったのに、3回目のデートで赤や濃いめのピンク等に変えてオンナ度をアップ。

セクシーさを感じるのはもちろん、「私をきちんと女性として見て欲しい」という思いが感じられていいそうです。夜も最初の2回くらいまでは恥じらいのある感じで、3回目あたりにいつもより乱れたりすると本当の姿を見せてくれたような気分で嬉しいという声も。3回目で変化をつけるように工夫するのが、相手をトリコにし、飽きさせず長続きさせる秘訣と心得て!


(YUKICO)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP