COLUMN

女を磨くために、節約してはいけないことって?


女ってとにかくお金がかかりますよね。化粧品、洋服、エステにお洒落な食事…など、少し考えてみただけでもすぐにお金のかかりそうなことやモノがあがってきます。でも、よくよく考えれば全て切り詰めることは可能なものばかり。人によっては「切り詰めちゃえ!」と自分にお金をかけない人もいるのかもしれません。


節約は良いことです。しかし、女を磨くためには節約しないほうがいい出費もあります。今回は、「これを節約すると、女として魅力が半減する!」ということ、モノについてご紹介します。

■1.基礎化粧品への出費
ここで言う化粧品とは、「顔をキレイに見せる」ものではなく「元から良くする」もの、つまり洗顔や化粧水、美容液などの基礎化粧品となります。

肌の状態が良くなければ化粧もうまくのりませんし、それなりにケアをしていないとシミやしわに悩まされるようになり、確実に後になって後悔します。「人は見た目じゃない!」とはよくいいますが、どうせなら見た目も良いほうがいいですよね。

■2.食事への出費
これは、美味しいものばかり食べろというわけではありません。安さや手軽さに気を取られ、ジャンクフードやレトルト食品ばかり食べてはいないでしょうか。

内面からキレイになるためには、まず食事から。食が乱れると、すぐに身体に現れます。少し面倒くさくても、値段が張ってもバランスの良い食事を心がけてみましょう。

■3.趣味や教養への出費
若いうちであれば「わたし趣味とかないんだよね〜」とか、「わたし常識全然ない!」なんて言っていても許してもらえますが、いい歳をした大人の女性がこんなことを言っていたらイタい人になります。知識、常識も兼ね備えた深みのある女性を目指しましょう。

無駄を無くしたり、いらないものは捨ててみたり、節約が流行っている今日この頃ですが、女を磨くためにはケチケチしないことも重要です。適度にお金をかけるとこはかけ、素敵な女性を目指しましょう。


(畑中 へそ)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP