COLUMN

自分で運気を下げている? 日常生でやってはいけないこと5つ


毎日の生活で何気なくしていることが、実は運気を下げていたとしたら? 今すぐ改めたいものですよね。知らなきゃ損、日々の所作をちょっと意識するだけで簡単に運気が上がる方法5つお教えします。


■ポイント1:ながらトイレはNG、用をたすことに専念(金運)
現代は水洗で臭いもせず清潔なトイレ、ひとりになれるので気が休まり、思考をまとめるのに最適ですが、本来は用をたすために心を集める場所です。会社でも公共の場でも誰の邪魔も入らずに唯一気が休まる、ホッと気が休まる所でもありますよね。

本や新聞を持ち込んで読んだり、携帯をいじったりする人も多いと思いますが、それでは気が散って心休まりません。人は気を休めるだけでエネルギーがたまるのです。日に何度も訪れる場所ですから相当たまるはず。トイレでは本来の目的に集中して緊張感をほぐし、気を休めるようにしましょう。

■ポイント2:話す時は語尾をはっきり発音する(人間関係運)
話し方がもごもごしている人は、本来相手に伝えたい気持ちや考えをうまく伝えることができません。言葉が通らずに詰まってしまうと、運も詰まってしまいます。

語尾をはっきり発音するよう意識してみてください。言葉がしっかり伝わるようになり、良い気が行き交うようになります。その他にも声のトーンを上げる、相手の目を見て話す、笑う時に口角を上げて歯を見せるという点に気をつけると運気はアップします。

■ポイント3:ため息は3回ついてリフレッシュ(健康運)
ため息はネガティブな気分の時に出るもので、マイナスのエネルギーです。ため息をつく人がいると、周囲の人も気分が滅入りますよね。特に自分の姿が映る鏡の前やたまった水(池や水たまり、プール、お風呂)のある場所でのため息はNGです。

吐いたマイナスエネルギーが自分にかえってくるので、ネガティブな気分がさらにひどくなります。とは言え、誰だってため息をつきたいことってありますよね? そんな時は周囲に人がいない場所やNGスポット以外の場所でつきましょう。

その際、ため息は3回を心がけて下さい。続けて思いきり息を吐き出すように、3回目は自分にとって普段通りの呼吸リズムに戻そうと働きますから、ネガティブなはずのため息が好転、ポジティブにリフレッシュできます。

■ポイント4:アクセサリーはこまめに整理整頓する(恋愛運)
ネックレスなど長くて絡まりやすいアクセサリーは、生理整頓して収納すると人間関係が円滑になります。逆に乱雑にしていると、もつれが出てきます。ものを整えるということは見た目だけでなく、運気も整えて高めることになるのです。

ジュエリーボックスは音がアクセサリーを浄化してくれるのでオルゴール付きがおススメです。買ったばかりのアクセサリーは最低でも3日は連続で使うようにしてください。ご自身との波動がうまく合ってくると、アクセサリーが本来持っているエネルギーを取りこむことができます。

■ポイント5:帰宅したら即!洗顔しましょう(仕事運)
仕事や人間関係で嫌なことがあると気持ちはすぐに晴れず、なかなか切り替えられないものです。すると顔に一日過ごした悪い気がたまってしまいます。そんな時は帰宅後すぐに洗顔して下さい。悪い気をさっぱり洗い流してしまいましょう。

特におでこから耳の裏、うなじ、髪の生え際を念入りに洗ってください。シャワーを浴びるほうが心置きなくすっきり洗えてよいかもしれません。お部屋の隅と同じようにお顔は汚れがたまりやすい場所です。いち早くすみずみまで一日の汚れや厄を落とすことで、運気を下げることなく、前向きになれます。

以上、ちょっとした所作に気を付けるだけで運気を下げることなく、気持ち良い快適な日常生活を送ることができます。今すぐ始められることばかり、是非トライしてみてください。

冬花のインスピレーションフラワーは白いウィンターコスモスです。お部屋に飾ってフラワーエッセンスをいただいて、運気を高めましょう!



(森 冬花)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP