COLUMN

夜型生活でも美肌をキープする4つのポイント


美肌のためには早寝早起きが基本。そうと分かってはいても、仕事の都合などでどうしても夜型生活になってしまう人もいますよね。

でも「夜型だから肌が荒れるのは仕方ない」と諦めないで! しっかりケアを行えば、夜型生活でも美肌キープは不可能ではありません。

■01. 就寝は遅くても睡眠時間はキープ
肌のターンオーバーがもっとも活発になるのは、夜10時から深夜2時の間といわれています。

できればその時間帯に睡眠をとるのがベスト。でも、どうしても就寝が遅くなってしまう、という場合は、睡眠時間と睡眠の質に気をつけてみて。

夜型生活になってしまうからといって、生活リズムまで不規則になるのはNGです。毎日決まった時間に就寝、起床するよう、夜型の中でもリズムを整えましょう。

また、寝る直前までテレビや携帯を見ていると、脳が緊張して質のよい睡眠をとることができません。入浴などで体と心をリラックスさせ、眠りでしっかり脳を休ませるようにしましょう。

■02. 基本のスキンケアを怠らない
昼型生活の人以上に気を配るべきなのが、夜型さんのスキンケア。遅くまで仕事をして、疲れて帰ってきたらすぐにベッドに倒れこみたい…そんな気持ちも分かりますが、帰宅後はまずメイクオフを。

丁寧にクレンジングしたら、化粧水と乳液でしっかり保水&保湿を。就寝時にナイトクリームを使うのもおすすめです。

時間のある週末などには、シートマスクやスチームパックなどのスペシャルケアで、お肌をいたわってあげましょう。

■03. 保湿ケアは万全に
夜遅くまでの残業など、長時間オフィスにいると、エアコンの影響などで肌はどんどん乾燥してしまいます。朝晩のスキンケアだけでなく、仕事の合間にも保湿ケアが大切です。

メイクの上からでも手軽に保湿できるミストタイプの化粧水で、こまめに水分を補給しましょう。乾燥が気になる場合は、化粧水の上から乳液でカバーを。職場環境が許せば、デスクの上に卓上タイプのスチーマーを置いてもよいでしょう。

■04. 美肌のための夜食のコツ
夜食をとるなら、「体を冷やさない」「消化がよい」ものを選ぶのがコツです。

おすすめは味噌汁。味噌に含まれる成分は、メラニンの合成をおさえ、シミやソバカスを予防する美白効果があるといわれています。

カボチャやニンジン、ネギなどは体を温める効果のある野菜を入れて、具だくさん味噌汁にすれば、小腹が空いたときにも満足できますね。

忙しくて夜食をつくっているヒマもない! という人には、コンビニでも手軽に買えるスープ類を。野菜や海草入りのヘルシーなものから、ショートパスタ入り、リゾットといった満腹感を与えてくれるものまで、さまざまな種類があります。

スープだけでは満足できない、という場合には、おにぎりを1つプラス。間違っても、深夜にスナック菓子をポリポリ…なんてしてはダメですよ!

しっかりとケアをすれば、きっとお肌に結果があらわれるはず。「仕事が夜型だから」「忙しくてムリ」と諦めずに、できることをしっかりと続けていきましょう。
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP