COLUMN

オトコの本音は意外と単純、失敗しない恋活必勝法


職場やサークル、飲み会などいろいろと出会いの場があり、「私に気があるのかしら〜」と思うことがあった方、今思っている方もいるでしょう。ではなぜ、思うだけになっているのでしょうか?


「単なる自分の勘違い」で終わらせているあなた、それは勘違いではありませんよ。「じゃぁ好きなの? 」と、それも少し違います。話しが難しくなってきましたが、この現象が起こる理由は女性と男性の思考の違いで起こります。男性の思考を理解して、上手に恋活するポイント2つをお教えします。

■ポイント1:タイプの女性に思わず目がいく? オスの本能
「私のこと好きなの? 」となぜか思ってしまう女性は男性よりもコミュニケーション能力が発達しています。特にその中でも、相手の気持ちを表情やしぐさから推し量る能力です。

この能力が高ければ、いつも気の付く人、気遣いのできる人という印象を周りに与えられ、女性にとってはプラスですよね。気付くためには周りの人を良く観察しているとも言えるので、男性の視線やしぐさにも気付きやすくなります。

女性で好き嫌い関係なく異性を目で追う方は少ないですが、男性は嫌いでなければ異性に目がいきます。そして好みであれば目で追います。視線に気づきやすい女性と異性を目で追う男性が同じ空間にいれば、女性は視線に気づきます。

ただ追いかけている時に視線に気づかれると困るので、男性は視線をそらします。このような感じで何回か目が合いそうになれば、女性側も意識してしまいますよね。

■ポイント2:男性はストライクゾーンが広い! ならばポジティブに
女性と違い、男性の思考は嫌いでない限り多くの女性が恋愛対象になります。この思考とポイント1で説明した視線の向け方がわかっていれば、「私に気がある? それとも私の勘違い? 」とためらうことなく、「私、恋愛対象なのね」と前向きになれますね。

興味がある男性には自分から目を合わせ、恋愛対象から気になる女性へ気持ちがステップアップするように仕向ければいいのです。反対に、迷惑な男性の視線には気付かぬふりをしてはぐらかせば、興味なし! と予防線をはることできます。

このようにポイント1、2を理解すれば、男性の態度や視線に振り回されることなく、自分主導の恋が叶いますよ。気になる男性とよく目が合うなら、あなたに興味を持っています。恋のタイミングがずれないように、自分のインスピレーション信じて、一歩を踏み出してくださいね。

女性と男性の思考の違いを理解した人が恋活を制します。「私に気があるの? 」と思ったら、目を合わせてチェックしてみましょう!

冬花のインスピレーションフラワーは赤いガーベラです。お部屋に飾ってフラワーパワーをいただきましょう。前向きな気持ちになりますよ。



(森 冬花)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP