COLUMN

月光浴でお肌もココロも浄化


月には神秘的で不思議なパワーがあります。特に女性は月と密接な関係があり、心身共に月の満ち欠けと一緒に変化しています。


古くはクレオパトラの時代から「月光浴は最高の美人薬」と言われ、入浴の後に薬草と香油を塗り月の光の下でリラックスし、美貌を保っていたと伝えられています。

月の光を浴びることでバイオリズムが整い、より美しく女性らしく輝けるのです。そこで今回は【月の光を利用した美肌術】についてご紹介したいと思います。

■新月から満月にかけての美肌術
新月から満月にかけての周期は、月が少しずつ丸くなっていくのと同じように、肌や体は水分や栄養分を溜めていきます。スキンケアは保湿に重点を置いたパックなどのスペシャルケアが向いています。新しいことにチャレンジするのにも適している時期ですので、スキンケアを新調するのにも最適です。

潤いのある肌作りには向いていますが、代謝が落ち、むくみやすい時期であるとも言えます。食べたものを体内に溜め込みやすくなっているので、脂っこいものは出来るだけ避け、身体を浄化するようなヘルシーな食事を心がけると良いでしょう。

■満月の過ごし方
満月の日はホルモンバランスが崩れるためか、衝動的・攻撃的な感情が高まるようです。満月の前後にイライラしても、一時的なものとして気にとめないのがオススメです。

〈オススメのアロマ:リラックス系〉
イランイラン・オレンジスイート・カモミール・クラリセージ・サンダルウッド・シダーウッド・ベルガモット・ラベンダー

■新月の過ごし方
新月は「放出」する作用が最も強い時です。サウナや半身浴などをすると、汗がたくさん出て効果的ですし、タバコやアルコールを辞めるのにも向いています。また精神的・内向的なカンが冴える時なので、精神的なことや瞑想的な思索をしてみると思いがけない実力が発揮されるかもしれません。

〈オススメのアロマ:集中力系〉
サイプレス・ジュニパー・ペパーミント・マージョラム・ユーカリ・レモン・ローズマリー

■月光浴中に気をつけること
ゆっくり腰かけられるものか、寝そべることができるものを用意し、リラックス出来る服装で過ごしましょう。飲食はかまいませんが、アルコールの摂取は控えた方がよいでしょう。月光浴後は出来ればお風呂に入ったり身体を拭いたりするのは避け、そのままベッドに直行して就寝して下さい。

月の素晴らしいパワーでお肌も心も身体も浄化し、心身ともに健康で美しくなりましょうね。

(服部恵)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP