COLUMN

「モテそうでモテない」女性の共通点を徹底分析


パラパラと無造作に雑誌をめくってみては、「こんなキレイな人、その見た目だけで絶対にモテるでしょう」と思ったことはありませんか? 最近では街を歩いていても、「あの子カワイイなぁ…」と目を奪われてしまう人、結構いますよね!


しかしながら、そんな彼女たちに話を聞いてみると、「実はモテない」なんて声も多いよう。決して謙遜ではなく、人は必ずしも見た目だけではないのだと口々に訴えます。

では、男性はいったいどんな時に女性に幻滅してしまうのか…? 逆に言うと、その点に気をつければ、どんな人でも“モテ”要素があるということになります。今日は、この絶対に注意すべき“異性にモテにくい”言動について分析していきましょう。

■イチイチ「自分」に関する発言が多い
恋愛対象としての判断は基本、“相手のことを気遣えるかどうか”にかかっています。たとえどんなにあなたに興味がある人でも、食事中ずっと日記帳のような話を聞かされては、呆れられてしまうのがオチ。「そういえば…」と相手が話し出したのに、「あっそうそう、私ね! 」などと華麗にスルーしないよう、細心の注意が必要ですよ。

■世の中の流行に敏感過ぎる
また、難しいのがこのポイント。世間の流行にあまりに疎すぎてもギョッとされてしまいがちですが、逆に“最先端”アピールの激しい人も敬遠されてしまいます。「この子、お金かかりそうだな…」と思わせては男性が引いてしまうので、気をつけて! 程よく相手のペースに合わせて、ネタは豆知識的に小出しにすることをオススメします。

■なんでも一人で完璧に熟してしまう
最後に、これまた調整困難なのがこちら。「自立している女性がいい」という人が多いものの、「完璧過ぎるのもちょっと…」というのが男性の本音のようです。面倒ですね…(笑)

ちょっぴり“隙”がある方がモテるってよく言うじゃないですか? まさにそれです! 仕事上では完璧なことは良いこと。意中の人の前では、少し悩んで見せるくらいの方がちょうどいいのかもしれません。

当てはまる項目が2つ以上あるという方は、是非一度“モテ”の演出を試みてみては…?


(ゆきち)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP