COLUMN

彼氏をうまく操って、いつまでも幸せでいる方法


男と女では、恋愛に対する基本的な考え方・行動が違います。そのことをよく理解し、彼をうまく操ることで、幸せな恋愛をしましょう。

■「釣った魚に餌をやらない」彼には
付き合いはじめの頃はマメだったのに、関係が長くなると構ってくれなくなる、「釣った魚に餌をやらない」彼。

面倒くさがりで、自分の欲求が満たされれば相手の欲求はどうでもよくなってしまうタイプです。デートに出かけるでもなく家でゴロゴロするだけで、体だけの関係になってしまうことも…。

このようなタイプの彼には、刺激のある恋愛が必要です。いつも一緒にいて安心感のある関係では、彼の愛情が弱まってしまいます。ある程度お互いの距離をとり、会う頻度も高くなりすぎないように調節しましょう。

自分に磨きをかけ、彼がいつも自分を大切に考えてくれているかどうかチェックしてください。ある程度の緊張感を保つことで、彼はあなたを追いかけ続けます。

■「言葉たらずな」彼には
「ありがとう」も「好きだよ」もなく、あまりしゃべらない「言葉足らずな」彼。

「言わなくても思いはある」という考え方を持っていて、感情を言葉で伝えることが格好悪いと思っています。だんだんお互いの気持ちが伝わらなくなり、気がつけば険悪な仲になってしまうということも…。

このようなタイプの彼とは、気持ちを素直に伝えあえる関係を築くことが必要です。こちらからは挨拶や「ありがとう」「ごめんなさい」を積極的に。

彼がそういった言葉をかけてくれたときには、それが「うれしい」ということを伝えましょう。また、言葉だけではなく、彼の態度や行動で判断してみてください。彼の気持ちが見えてくるはずです。

■いつまでも「女」を追い求める彼には
付き合いが長くなったり結婚したりすると相手に女としての興味を失い、ほかの女性に走ってしまう彼。

いつまでも「女」を追い求めているタイプです。ケンカをしてプライドが傷ついたり、ほかの女性に頼られたりすると、気持ちが揺れて浮気に発展してしまうことがあります…。

このような彼とは、男と女の関係を維持し続ける必要があります。気を抜かずに外見の美しさを保ち続け、相手を男性として立て、上手に頼るようにしてください。

あなたが女性らしくあり続け、ほかの女性に目が向かないようにしましょう。男性は女性とは違う生き物。そのことを受け入れて彼をうまく操ることで、幸せなお付き合いをしてくださいね。
(シンシア)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP