COLUMN

効果てき面、美肌を作る睡眠法


睡眠不足が続くと、お化粧ノリが悪かったりニキビができてしまったり…。そんな経験はありませんか? 肌細胞は睡眠中に再生するため、睡眠不足は美肌へのダメージがとても大きいのです。特に重要なのは眠り始めの3時間。この最初の3時間に成長ホルモンが分泌され、肌細胞の新陳代謝が行われます。


「快眠無くして美肌は手に入らない」と言っても過言ではありません。そこで今回は、美肌を保つ上でとても大切な「美肌を作る睡眠法】についてご紹介いたします。

■睡眠前の過ごし方
●入浴&軽いストレッチ
心地良い眠りにつくために、ぜひ取り入れて欲しいのが、入浴と軽いストレッチです。どちらも筋肉をほぐし血行を良くするため、寝つきがとても良くなります。

入浴後1時間が一番眠りやすいタイミング! 入浴中に温まった熱を体外に逃がすと同時に、身体が睡眠のための準備を始めるからです。お風呂の温度は40℃以下、時間は20分程度を目安に。ストレッチも5分程度で十分です。大切なのは、続けること。無理のない範囲で習慣化していきましょう。

●寝る前に飲んではイケナイものは?
カフェインを含んだ飲み物は出来れば避けたいところ。カフェインの覚醒作用は飲んで30分後から作用し、最大で4〜5時間続くと言われています。またアルコールも質の高い睡眠を得るためには向いていません。睡眠中に体内でアルコールが分解されると眠りが浅くなるからです。寝酒派の方はご注意を。

■快眠出来る環境作り
●枕は5度のカーブを目安に
快適な睡眠を得るためには「枕」選びはとても重要です。高すぎると首にシワができてしまったり、気道を狭くし呼吸に障害をきたす事もあります。

また低すぎると真上を向いてしまいます。立っている時と同じ様な態勢でいるのがポイントです。枕・布団・シーツ等の寝具は通気性の良いものを選ぶ事も大切です。

●寝室の温度 夏は26℃前後・冬は18℃前後
美肌をキープするために、夏は除湿・冬は加湿にも気を配りましょう。

●快眠へと導くアロマ
アロマテラピーの効果を利用するのもオススメです。リラックス&肌荒れにも効果があると言われている精油は「ラベンダー・サンダルウッド・ローズ・ローズウッド」等。好みの香りに包まれて素敵な眠りにつきましょう。

●携帯電話は出来るだけ遠くへ
眠る直前までパソコンやスマートフォンを見ている方も多いのでは? 夜は見ないようにしている…という方も枕元に置いていませんか? 電源をOFFにしていてもかなりの電磁波が本体から発生し、これが睡眠の質を落としているというデータがあります。どうぞご注意下さいね。

自分が床に就いた時に「気持ちイイ〜、安らぐ〜」という感覚を得られるものが、全ての選択の基本となります。自分の美肌を、ひいては質の高い充実した人生につながる「睡眠」について、改めて見直してみましょう。


(服部恵)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP