COLUMN

意外と簡単!? 女性らしい色っぽさを演出できる3つの方法


「なかなか女性として見てもらえない」という悩みを持つアラサー女子が多いよう。女性として意識されるためには、ちょっとした色っぽさが必要です。


女性らしい服装やヘアメイクを取り入れているのに、なぜか「君には色気を感じない」と言われてしまう…。そんな女性のお悩みを解決すべく、色っぽさを演出してくれる3つの方法をお伝えします。

■1.いつもよりゆっくり動いてみる
いつもセカセカと動き回っている女性はセクシーではありませんよね。落ち着きがない、大ざっぱなどと言われることが多い人は、いつもより動作をスローダウンしてみましょう。

イメージは着物を着ているときの仕草。例えばテーブルの上のグラスを取る時、グイッと腕を前に出すのではなく、袂をおさえるようなイメージでそっと片手を添えるだけでも動きはゆっくりになります。

食事をしているときなどはガツガツ食べるのではなく、ひと口毎に箸を置いてみる。動作の中にひと呼吸の間を入れることで女性らしさがグンとアップし、上品な色っぽさを醸し出しているハズです。

■2. 口数を減らしてみる
飲み会等でいい印象を与えようとするあまり、いつも盛り上げ役になっていませんか? けれど悲しいかな、盛り上げ役に徹しているアナタに女性らしい魅力を感じる男性は少ないでしょう。それよりも口数を減らしてみるのがオススメです。

このとき注意したいのは、つまらなそうと思われないこと。相手の話を良く聞いて相槌をうつなど、聞き役に徹してみましょう。「私は、私は…! 」と一方的に話してばかりいる女性よりも、ニコニコと相手の会話を楽しんでいる女性の方が男性には魅力的に映っていること間違いナシです。

■3. 少しだけミステリアスな感じを演出する
ミステリアスとは具体的にどうゆうことかと言うと、男性に「もっとこの人の事を知りたい」と思わせられること。聞かれてもいないのに自分のことをペラペラと話すようでは、ミステリアスとはほど遠くなってしまいます。

また、相手との会話は別に面接ではないので、質問されたからと言って全てに正直に答える必要もありません。「カレシはいるの? 」と聞かれたらイエスかノーで答えるのは避けましょう。「どうしてそんなこと聞くの? 」とそらしたりして、もっと知りたいという欲求を刺激するのがベスト。

いつも笑顔でいるいい子ちゃんなアナタは、話の途中で数十秒だけ笑顔をやめてみて。たったそれだけでも「今、何を考えているんだろう? 」と気になって、ミステリアスさを感じることができます。

年齢を重ねるほど、この3つの方法は効果を発揮します。大人の女性ならではの落ち着いた色っぽさで、アナタの魅力を底上げしてしちゃいましょう!


(YUKICO)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP