COLUMN

シナモン香るリッチなリンゴゼリー、アイスを添えて


夏の暑さも少しやわらぎ、それと同時にリンゴの美味しい季節もやってきました。みなさんはリンゴを普段どのようにして食べていますか?


旬のリンゴはそのまま食べるのが一番シンプルで、美味しいです。ですが、たまにちょっと酸っぱかったり、食感の悪いリンゴってありませんか? そんなときはちょっとひと手間加えて、ゼリーにするのもオススメです。

材料(約3〜4人分)
・リンゴ:1個
・シナモン:適量
・バニラアイス:適量(200〜250ml程度)
・砂糖、レモン汁:各大さじ2杯ずつ
・ゼラチン:5g
・水:200cc

1.まずは材料を準備。リンゴは甘いものでも酸味の強いものでもお好みでOKです。ゼラチンはふやかす必要のない粉ゼラチンが便利です。それ以外のものを使う場合は取扱い表示を参照して下さい。

2.リンゴを全量普通に作ってもいいのですが、今回は自己流の飾り切りもご紹介します。興味のある方は是非試してみて下さい。まずリンゴの1/6〜1/7程度を包丁で切り取ります。(※このとき、茎の部分も一緒に切り取るようにします)

3.羽の厚みが3〜5mm程度残るように切り込みを入れて内側の部分を取り除きます。分厚く皮むきをする感覚でゆっくり切るようにするとやりやすいです。

4.羽を閉じて、上から羽の形に切りそろえます。茎の部分も切り込みを入れると、触覚部分が再現できます。

5.その他のリンゴは皮を剥いて食べやすい大きさにざく切りにします。変色を防ぐため、レモン汁をまんべんなくかけてまとわせます。飾り切りはその後冷蔵庫で冷やしておきます。

6.水とざく切りにしたリンゴの2/3量を鍋に入れます。

7.中弱火で10分程度煮てやわらかくなったら、火を止めます。ゼラチン→砂糖→シナモンの順でよく混ぜ溶かします。粗熱がとれたら、とっておいた残りのざく切りリンゴと合わせて冷蔵庫へ。

8.ゼリーが固まったらグラスや器にすくって移します。アイスをのせる前にグラスごと冷凍庫で10~15分くらい冷やすと美味しさが長持ちします。

9.十分冷やしてから取り出し、アイスをのせたら完成です。(リンゴの飾り切りはおしりの部分に切り込みを入れるとグラスに固定しやすくなります)

二種類のリンゴの食感とゼリー、アイスの食感がベストマッチ。シナモンが程よく香り、風味も豊かなデザートになります。リンゴの食べ方にちょっと飽きたときにも是非お試しあれ。


(なめっこ星人)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP