COLUMN

忙しい彼へのNGメール集


仕事が忙しくてなかなか会うことができない彼。せめてメールや電話でコミュニケーションをとりたくなるものですが、内容によっては彼をうんざりさせてしまうことも。気をつけましょう。

■返事がないことにキレる
彼にメールを送ったのに、返事がないとき。「どうして返事をくれないの?」と即レスがないことを責めるメールを送ってはいけません。

仕事で忙しいときに返事を求められるとイライラしてしまう男性は少なくありません。特に急ぐような内容でなければなおさらです。彼には今返信できない事情があることを理解し、おとなしく待つようにしましょう。

「いつだったら返信できるの?」「いつだったら会えるの?」と責めるのもダメ。遅くまで残業したり休日返上で働いたりしているときには、彼にはそんな余裕がないことも。

頑張っている彼を「いつだったら」と追いつめるのではなく、「落ち着いたらゆっくり会おうね」と余裕を持って接するようにしたいですね。

■愚痴メール
仕事であった嫌なこと、友達に言われたムカつく言葉。そんな愚痴ばかりを延々と書いたメールを送るのはNGです。

ただでさえそういったメールは読むだけで気が滅入るものですが、忙しい彼ならなおのこと、ますます疲れさせてしまうだけです。なかなか会えない彼だからこそ、せめてメールや電話では明るい話題で気分転換をさせてあげてください。

彼と会えなくて「暇だ、つまらない」「寂しくて耐えられない」といった言葉もよくありません。単なる時間潰しのために構ってほしいという気持ちが見えたり、寂しい感情をただぶつけられたりすると、彼は負担に感じるだけです。

「会えるのを楽しみに待っているから」と、前向きで健気な言葉を伝えるようにしましょう。

■「どっちが大事なの?」
多くの男性を困らせてしまう禁句が「私と仕事、どっちが大事なの?」。男性にとって仕事と恋人は比較できるものではありません。

非常に面倒くさい気持ちになってしまいます。どちらかに優先順位をつけさせようとするこの質問は、避けるようにした方がいいでしょう。

ただ寂しいからといって「どうしても今会いたい」など、彼氏の仕事の都合を考えない要求をするもよくありません。特に意味のない長文メールも仕事の邪魔になってしまうことがあります。

ゆっくりと会って落ち着いて話ができるタイミングを待つことができるようになりたいですね。
(シンシア)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP