COLUMN

支出を抑えたいなら見直すべきはココ! ストレス知らずの節約法とは


節約したい! と思ったとき、まず考えがちなのが、食費や交際費などの流動的な出費。でも、これらを抑えてもせいぜい数百円〜数千円にしかなりません。

逆に、買い物のたびに節約を気にしてストレスになったり、交際費を削ろうとして周りから「付き合いが悪い」と思われてしまったりすることも。

無駄遣いをやめるのはもちろん大切ですが、効率よく支出を抑えたいなら、注目すべきは毎月の固定費。気づかないうちに毎月出ていくお金を見直して、ストレスなく賢い節約をしましょう。

■ネット、電話…通信費の大幅削減術
毎月の支出の中で、意外に大きな割合を占めているのが、スマホや自宅インターネットなどの通信費。ここを抑えれば、月々何千円単位での節約になります。

まずは料金プランの見直しを。その上で、スマホのキャリアと自宅インターネットのプロバイダを統一すると、割引サービスが受けられることも。

一人暮らしの人であれば、スマホと自宅インターネットの回線をwifiに一本化すると、通信費を大幅に下げることができます。

外出時にモバイルルーターを持ち歩かなくてはいけない、電波の入り具合を確認しなければいけない、というようなデメリットもあるものの、その削減額を考えると検討してみる価値はあるかも。

自宅ではあまりネットをしない、という人は、スマホのテザリング機能を使うのも手です。

これは、スマホを外付けモデムのように使ってパソコンなどからインターネットに接続することができる機能のこと。テザリングを利用できる環境であれば、自宅インターネットのプロバイダ契約は必要なくなります。

■必要ない年会費は払わない
使わないまま財布の中に眠っているクレジットカードはありませんか?クレジットカードの中には、持っているだけでも年会費が発生するものがあります。

また会費無料とうたっていても、年間一度も使用しなければ会費が発生するものや、会費無料なのは初年度だけ、というものもあるので注意が必要。

手持ちのカードをよく確認して、よく行くお店や交通機関のものをメインに、2枚程度に絞り込むようにしましょう。

また、運動しようとスポーツクラブに入会したけれど仕事が忙しくて結局行けていない…なんて場合は、思い切って退会して、公共のスポーツセンターを上手に利用してみては。プールやジムなどが1回数百円で利用できる場合もありますよ。

■なんとなく…で払っている保険料を見直す
一度自分が入っている保険の内容をチェックしてみてください。「すすめられたから」と何となく加入したままになっている保険はありませんか?

保険に加入するときはどうしても月々の保険料に目がいってしまいます。しかし、補償内容や払込期間、途中で保険料が上がるかどうかなど、今自分に必要かどうかをしっかり見極めるようにしましょう。

内容を見直すことで、支払う保険料を大幅に抑えることができる場合も。ファイナンシャルプランナーに相談してみるのもいいかもしれません。

月に千円の節約でも年間なら1万2千円、月5千円なら年間6万円にもなります。知らず知らずのうちに払っていた無駄なお金を見直し、無理なく節約をしていきましょう。
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP