COLUMN

15分でスピード晩ごはんレシピ 〜韓国風ピリ辛漬け丼編〜


15分で出来る、ボリューム的にも栄養的にも満足な晩ごはん。疲れて帰って料理をする気力なんてない。それでも、野菜たっぷりでヘルシーなごはんを、おうちでゆっくり食べたい…!

そんなときは、スーパーでお買い得になった刺身で漬け丼にしましょう。といっても、ただの漬け丼ではありません。

コチュジャンベースの韓国風ピリ辛だれに漬けこんだ刺身とたっぷりの野菜をのせた、ビビンパ的なヘルシー丼のレシピをご紹介します。

刺身をたれに漬けている間にもう1品、わかめスープも作りましょう。それではさっそく「韓国風ピリ辛漬け丼」の作り方です。

●韓国風ピリ辛漬け丼(2人分)
・好みの刺身…100g
・A醤油…大さじ1
・Aみりん…大さじ1
・Aコチュジャン…大さじ1
・Aすりごま(白)…大さじ1
・大豆もやし…1/2袋(150g)
・塩…小さじ1/4
・ごま油…小さじ1
・水菜…1/2束
・塩…小さじ1/4
・ごま油…小さじ1
・みょうが…1個
・いりごま(白)…小さじ1
・ごはん…2人分


1)Aを混ぜあわせ、刺身を15分ほど漬ける。
2)水菜は根元を切り落とし、4cmの長さに切る。みょうがは半分に切り、せん切りにする。
3)熱湯に塩ひとつまみ(分量外)を入れ、大豆もやしを加えて2分ほど茹でる。ザルに2)の水菜を入れ、水菜に湯通ししながら、もやしの湯を切る。
4)それぞれ、水気を切って分量の塩、ごま油であえる。
5)器にごはんを盛り、もやしのナムル、水菜のナムル、1)の刺身をのせてみょうがを添え、ごまをちらす。



今回は刺身セットに入っていたマグロとハマチを使っています。サーモンや鯛などもおすすめです。

ナムルは大豆もやしと水菜の2種類にし、同じ味つけにしています。にんじんのせん切りや、なすやズッキーニを薄切りにしたものを塩もみして味つけしたものなど、お好みの野菜をたっぷりのせていただいてかまいません。

ただし、スピードごはんのポイントは、極力、切る作業と洗い物を減らすことです。なるべく同じお湯で茹でたり、今回のように、ゆで湯を使って他の野菜を湯通しするだけでも、ひと手間減らすことができます。

それでは、刺身を漬けている間にできる「わかめスープ」のレシピをご紹介します。

●わかめスープ(2人分)
・わかめ(乾燥)…10g
・貝割れ大根…1/4パック
・水…300ml
・鶏がらスープの素…小さじ1
・醤油…小さじ1
・ラー油…少々


1)貝割れ大根は根元を落とし、半分に切る。2)小鍋に水、鶏がらスープ、醤油を入れて火にかけ、沸騰したら、わかめ、1)の貝割れ大根を加えて軽く煮る。3)器に盛り、ラー油をたらす。

ここでも極力、切る作業は減らしています。余力があれば、長ねぎのせん切りなどを加えるとおいしいです。ぜひ、お試しください。
(森崎 繭香)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP