COLUMN

男は左脳で女は右脳? 正しく理解してケンカを回避


男女間の壁の原因は、男が左脳型で女が右脳型だから? 男女の違いを正しく理解して、彼とのすれ違いやケンカを回避する方法をお教えします。

■左脳型男と右脳型女の違い
男性は左脳型だということがよく言われています。情報を論理的に整理し割り切ろうという意思が働き、実際もそのように対処していきます。

その反面、女性的な右脳型の考え方、つまり感情的な部分に配慮しながら物事を処理しようとする考え方ができないのです。彼女の意見を聞かず、一人で「こうだろう」と判断して物事を決めてしまうことも多々あります。

「男ってどうしてあんなに気がつかないのかしら」「どうして私のことを分かってくれないのかしら」という不満を持っている方も多いのでは?

ですが、悪気があるのではなく、脳の構造や使い方が原因だと言っていいほど、男性は根本的に「気づこうとすることができない」のです。

■なぜケンカになるのか
男性の考え方の元には「競争」があり、「負けて屈辱的な思いをしないために」頑張るのです。恋愛では、彼女とケンカになること自体を事前に回避するためにほぼ全力を尽くすのです。

それに対して女性は、「人生には辛いときも挫折もある。そのときにどう対処して気持ちを切り替えるか」という考え方。ケンカをしても、彼がその後どう気持ちをケアしてくれるかということが重要になってきます。

男性は、感情的になりケンカになってしまった時点で敗北感を感じ、エネルギーを失ってしまうのです。

女性はケンカをきっかけにもっと理解し合いたい、自分の事情や気持ちを分かってほしいと思うのに、相手の男性にはもうその余力がない。ここで大きなすれ違いが生じてしまうわけですね。

■ケンカを回避するためには
このような事態を避ける方法は、自分が感情的になりすぎないということ。こちらが感情的になってしまうと、男性はもともとプライドが高いですから、あなた以上に感情的になってしまうこともあります。

そうなったらお互いが落ち着くまで時間を置いて話すようにしましょう。または、気になることがあればストレスが溜まって感情的になる前に、言葉を選んで彼に伝えること。

もう一つの方法は、彼に感情を表現することを覚えてもらうということ。男性の多くは「怒り」という感情だけは表に出せるのに、「喜び」や「悲しみ」を表に出すことができません。

「うれしい」「ありがとう」を言葉にして伝えることの大切さ、彼がそう言ってくれることうれしいということを教えてあげましょう。プラスの感情を上手にやりとりすることで、あなたの気持ちも満たされていくはずです。
(シンシア)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP