COLUMN

旬の夏野菜で、簡単&絶品「トロトロ焼き茄子とトマトの冷製パスタ」


もう、気がついたら7月。夏野菜が出回り、定番の夏ソングも流れ、いよいよ夏が来た! って感じですね。夏野菜の代表と言えば茄子にトマト。これを使った夏のメニューと言えば…、もうコレしかないでしょう!


というわけで、今日はみんな大好き冷製パスタを夏野菜たっぷりで作ります。絶品にするポイントをお見逃し無く!

材料(2人前)
・茄子 大1本
・トマト(適当な大きさに乱切り) 大1個
・ベビーコーン 2本

★エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1.5〜2
★塩 小さじ1/2
★黒胡椒 少々
★バルサミコ酢 大さじ1/2
★醤油 大さじ1/2

・パルミジャーノチーズ(すりおろす) 30g

・パスタ(カッペリーニ) 120g
・ベビーリーフ 適量
・黒胡椒 適量

1. ベビーコーンは皮を剥く。茄子と一緒にグリルで焼く。ナスは皮が真っ黒になるまで焼く。(ベビーコーンは焦げないように、途中で取り出す)
※写真はグリルが小さいためナスを半分に切って焼きましたができれば丸のまま焼いたほうが美味しいです。


2. 皮が真っ黒になったナスは、皮を剥き、適当な大きさに切る。(熱いのでやけどに注意)


3. ボウルに★を入れよく混ぜ、トマトと2のナスを入れてよく和える。


4. カッペリーニは2リットルに対し塩大さじ2を入れた湯で、袋の表示時間より30秒ほど長く茹で、流水と氷水でしっかりしめる。


5. 4のカッペリーニを清潔な布巾で包んで水気をとり、4のボウルに入れてよく和える。このとき味を見て、足りなければ塩などで調節する。


6. 器にベビーリーフをたっぷりしき、上に5を高く盛り付ける。パルミジャーノチーズ、黒胡椒をふり、てっぺんに焼いたベビーコーンをのせて、仕上げにエキストラバージンオリーブオイル(分量外)をまわしかける。


冷静パスタのポイントは、麺を水で締めたあとの水分を残さないでソースに和えること。水分が残っていると、せっかくのソースが薄まってしまう。


しっかり焼いた茄子は、トロトロで絶品! トマトの酸味が暑い夏にぴったり。夏野菜の美味しさを楽しめる1皿です。他にも、お好みの旬の野菜でつくってみてね!


(ミットゥン)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP