COLUMN

平面顔さんにお勧め! 自然な立体顔になれるノーズシャドウの入れ方


以前も一度メイク記事でご紹介したのですが、最近は細く整えた眉より太眉が人気。太眉はナチュラルな印象だし、ハッキリとした顔立ちに見せてくれると嬉しい効果も。


ただ、平面的な顔立ちだったり、目が離れたりしているタイプの人は、眉だけ太くすると浮いて見えてしまうことも。そんな場合でも太眉がバッチリ似合うメイクテクを伝授致します!

外国人風の太眉にハマるのは高い鼻筋。特に鼻のつけ根部分が高いと美しく見えます。そのためにはノーズシャドウが必須。ノーズシャドウは鼻筋をスッと高く見せてくれるだけでなく、顔を求心的に見せてくれるので小顔効果も期待できます。

けれど、オフィス等でノーズシャドウをしっかり入れてしまうと、ナチュラルメイクになじまず浮いてしまう心配も。ノーズシャドウを入れてもナチュラルに見せるためには、ノーズシャドウを入れる場所がポイントになります。

ノーズシャドウは眉頭の下から鼻筋に向けてスーッとまっすぐに入れるのが基本ですが、ナチュラルに見せるためには眉頭の下から鼻のつけ根あたりに三角形に入れて下さい。

元々眉頭下の部分はくぼみがあるので、鼻筋の両脇に入れるよりも目立たず自然に仕上がりますよ。眉頭の下の目のくぼみ部分のみにノーズシャドウを入れることで、鼻のつけ根部分が立体的になり、目と目の間も近づいて見えます。

目が離れ気味の人は、更に目頭にハイライトを入れるのがお勧めです。目頭部分にくの字を描くようにパール感のあるホワイトやベージュ等のアイシャドウをオン。光の錯覚効果で目と目の間が近づいて見えるのはもちろん、肌をキレイに見せてくれる効果も。

ここでもう一度、ノーズシャドウと相性の良い、ナチュラルな太眉の描き方をおさらいしておきましょう。まずはブラウンのアイブロウパウダーで眉毛のベースのカタチを作ります。

次にアイブロウペンシルで眉尻や、眉毛が薄くまばらになっている箇所を描きたします。仕上げに眉マスカラで馴染ませればナチュラルな太眉の完成です。自分の髪の色に合わせたペンシルやマスカラを使うのをお忘れなく。

優しい印象なのに顔立ちがハッキリとする太眉&眉頭下のノーズシャドウのやり方を、ぜひマスターしてくださいね!


(YUKICO)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP