COLUMN

“無欲”こそ恋愛勝ち組への道!


世の中には「○○を手に入れる! 」「○○でうまくいく! 」といったいわゆる“成功哲学”がたくさんありますよね。


その中でよく「自分が望んでいるものを常に心にイメージする」「自分が手に入れたいものを周りの人に話していると、やがて周りの人達がそれをもたらしてくれる」「必ずそれを手に入れる! と強く念じる」といったことが言われています。

こういった考えそのものは、確かにそのとおり! と思います。ですが、恋愛相談を通じ、今まで多くの恋愛成就パターンを見てきた私は、こと「恋愛」についてはちょっと違うのではないかな…と考えています。

あなたの周りにもいませんか? 「私は今年、絶対結婚する! 」と宣言し、周りにも「いい人いたら紹介してね」と事あるごとにお願いし、合コンも可能な限り顔を出し、婚活サイトにも登録して、気持ちも行動もかなりアグレッシブに結婚へと向かっているのに、なぜかその思いが実らない、ルックスも性格も全然悪くないのに不思議…というような方が。

もちろん、このように成功哲学どおり結婚一直線! で思いを叶えている方は確かにいらっしゃいます。が、一方で「しばらく恋愛はお休み、今は仕事に専念するわ」と言って合コンどころではなく、バリバリ仕事をしていたのにあっという間に彼ができ、結婚してしまうという方もいらっしゃるのです。そして、実は幸せな結婚生活を続けている人に、こちらのパターンが多く見受けられるのです。

多くの婚活カウンセリングの相談を受けてきた私が感じるのは、「彼がほしい! 結婚したい! 」と常にイメージしている女性は出会った男性を無意識に「この人は彼にふさわしいか(自分を幸せにできるか)」と即座に値踏みしてしまい、その「誰か私を幸せにして! 」という他力本願な気持ちを周囲が微妙に感じ取ってしまうため、逆にチャンスを遠ざけてしまうのではないかということです。

彼がいることや結婚することそのものが幸せなのではなく、まずは自分で自分を幸せにでき、その自分が他人(彼)も幸せにしようと思う気持ちがあってこそ、幸せな恋愛や結婚ができるのですが、「自分が結婚したい」ときは他人にそこまで気持ちが回りませんものね。

自分で自分を幸せにしてやらなきゃ! と身にしみて思うのは、実は失恋した(しかもフラれた)ときではないでしょうか。とりあえず目の前のことを頑張ろう、今できることをしようと、恋愛に対し「欲がない」状態になったとき、ガツガツとした「私を幸せにしてオーラ」が消えて、男性に対してもフラットな目線で対応でき、それが男性からみても魅力的に映るのだと思います。

何かに熱中している姿は男女問わず素敵ですからね。そう思えば、失恋は幸せな恋愛を見つけるチャンスと考えることもできます。

今度こそ幸せな恋愛をしたい、結婚したいと思ったら、その思いは胸に秘めつつ、意識は恋愛から離れて、まずは仕事や趣味、ボランティアなど、自分が今できることに無心に、一生懸命取り組んでみましょう。思わぬところから出会いが訪れるかもしれませんよ。

(佐藤 栄子)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP