COLUMN

遠距離恋愛を成功させるための3つの心得


一緒に過ごせる時間が少なく、会いたいときに会えなくて寂しく辛いことも多い遠距離恋愛。会えない寂しさを乗り越えて遠距離恋愛を成功させるための心得をお教えします。

■その1 :連絡はマメに、方法にも工夫を
会う機会の少ない遠距離恋愛。お互いのコミュニケーションのためにも、彼や自分が寂しくならないためにも、連絡はマメにとりたいですね。仕事などで忙しいときにはやはりメールでのやりとりが多くなるはずです。

メールでは長い文章よりも、「元気?」「今日はどうだった?」などといった気軽な内容のものがいいでしょう。

メールばかりではなく、声が聞きたいときは電話、しっかりと思いを伝えたいときは手紙、顔を見たいときはスカイプを使うなど、連絡の方法も工夫するとやりとりがマンネリ化せず遠距離恋愛にも刺激が生まれます。お互いが協力して、日々のコミュニケーションのとり方を工夫しましょう。

■その2 :プラスの感情は積極的に言葉にして
デートのときに感じたプラスの感情は、積極的に言葉にして伝えるようにしましょう。

「二人で過ごして楽しかった、嬉しかった」「○○がキレイだった」「○○が美味しかった」「あのときのあなたがかっこよかった」など。思っているだけではなく、言葉にすることが大切です。

ただ、彼からの甘い言葉はあまり真に受けすぎないよう注意が必要。「もっとそばにいたい」「こっちに来ちゃいなよ」と言われても、予定を変更してズルズルと一緒にいたり、自分の生活を捨てて彼のもとに走ったりしてはいけません。

彼が本気で言っているのかよく考えて、大人の判断でお付き合いをしましょう。

■その3: 一緒にいるときは怒らない
会える機会の少ない遠距離恋愛なだけに、デートのときにはたくさんの思いや期待をかけてしまうかもしれません。

でも、思い通りにいかないことがあっても怒ったり、不機嫌になったりしてはいけません。あなたと会える日は、彼にとっても大事な日なのです。

彼が非常識なことをした場合には怒るべきですが、あなたの思い通りにいかない、我慢できないようなことがあった場合には、どういう理由で自分が悲しいのか、彼にも分かってもらえるように理論立てて伝えるようにしましょう。

せっかくのデートの機会、喧嘩せず楽しく過ごすようにしましょうね。
(シンシア)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP