COLUMN

憂いを含んだ艶っぽい目元に、魅力的なまつ毛の作り方


アイメイクの中でも瞳を縁取るまつ毛はとても重要です。アイシャドウなどを濃くすると、厚ぼったい印象になってしまいがちですが、美しく放射状にのびるまつ毛は瞳をパッチリと美しく見せてくれます。


また、伏し目になったときなど長いまつ毛は、独特の憂いを含む目元を演出してくれます。今回はビューラーやマスカラ、つけまつ毛の使い方をおさらいして、瞳の魅力をアップさせちゃいましょう!

■ビューラー&マスカラの使い方
まずビューラーで、まつ毛の根元をギュッと挟んでカールさせます。毛先に向けてビューラーの位置を少しずつずらしながら、5回ほど小刻みに挟んでいくのがポイント。

一気にカールアップさせようとするとカクッとしたアトがついてしまうので注意しましょう。カールがすぐとれてまつ毛が下がってしまう場合は、ビューラーをライターの火やドライヤーの熱で温めてから使用。しっかりしたカールが、長時間キープできるのでオススメです。

マスカラを塗る前に、まつ毛用の下地を塗るとボリュームアップ。次に、あなたのなりたいまつ毛に合ったマスカラを使用。まつ毛が短い人はロングラッシュタイプを、まつ毛が少なかったり細い人はボリュームタイプがオススメです。

まつ毛の根元部分にブラシを差し込み、左右に小刻みに動かしながら塗り、毛先に向けてスッとブラシを抜くようにするとキレイな仕上がりに。このとき忘れがちなのが目頭側。ブラシを縦にして塗ると上手に塗ることができます。目頭側や下まつ毛までしっかりマスカラを塗ると、目がひと回り大きくパッチリ見える効果がありますよ。

■つけまつ毛で瞳の引力をUP!
ちょっとしたイベントやパーティーには、是非つけまつ毛を使いましょう!一重や奥二重の人も、つけまつ毛をつけるだけで一気に目がパッチリと華やかな印象になります。つけまつ毛はナチュラルな束感で芯が透明なものを選ぶと自然な仕上がりに。

まずはつけまつ毛をパッケージからそっとはがします。勢いよくはがすと毛束が抜けてしまうことがあるので要注意。次に自分の目の幅に合わせてつけまつ毛の両端をカットします。

つけまつ毛の両端を持ってグニュグニュとしならせて、芯を柔らかくしておきましょう。まぶたにフィットしやすく、取れにくくなりますよ。次に、つけまつ毛の芯にのりをつけ、軽くふりながら半透明になるまで乾かしてから装着します。まぶたのカーブに沿って、まつ毛の生え際のギリギリ上につけるのがコツ。

つけまつ毛をつけたときのメイクは、いつもよりヌーディーなメイクを心がけるのがポイント。しっかりメイク×つけまつ毛だと派手な印象になってしまいますが、ヌーディーメイクならつけまつ毛を使用しても全体のバランスがよく、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。

シチュエーションに合わせてまつ毛のメイクの仕方を変え、印象に残る魅力的な目元を手に入れましょう!


(YUKICO)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP