COLUMN

透明感のある目で目力を上げて、印象アップをねらう方法


長時間テレビやパソコン、携帯の画面を見ていると、目が疲れたな〜と自覚することはありませんか? 緊張状態が続くと、目に負担がかかり目の中の細胞や筋肉が疲れてしまいます。


また、画面をずっと見ているとまばたきの回数が減り、涙の分泌が少なくなります。そして目の表面が乾燥すると、さらに目が疲れやすくなるのです。

このように目の疲れを放置しておくと、肩こりや頭痛を引き起こしてしまうので、注意が必要です。

目の健康のためには、緑がいいと言われていますね。それは、なぜでしょう。ひとつは、山や森など自然を遠くから眺めると、目に負担をかけずにリラックスすることができるからです。

色というよりは、自然を眺めることでストレスを緩和させ心を落ち着かせるのです。また、緑や青などの寒色系の色は、視覚的に緊張や興奮を鎮めてくれる効果があります。

ストレスや疲労で交感神経が緊張している状態を、色彩の効果で和らげてくれるのです。目が疲れたときは空を見上げたり、植物を眺めるとよいでしょう。

その他にも、オフィスや自宅で簡単にできる目のケアをご紹介します。

■窓の外を眺める
パソコンやテレビの画面を近くで見続けているときは、1〜2時間に一度は休憩をして遠くを眺めるようにしましょう。長時間、近いところにピントを合わせていることで目が疲れてしまので、気づいたら遠くを眺めて目のピントを調整しましょう。

■まばたきをたくさんする
まばたきの数を普段の倍増やすようにしましょう。まばたきをすると、目の表面の渇きを潤すことができます。また、数秒目を閉じることも効果的です。特に、パソコン作業中など目を酷使しているときは、意識して行って下さいね。

■目玉のエクササイズをする
目の周りの筋肉をほぐすと、血行がよくなります。目を開けたまま、眼球をゆっくりと上→右→下→左とゆっくりと動かしてみましょう。右回しの後は、反対の左回しも行い、目の周りの血行を促しましょう。

アイメイクに時間をかけても、目が死んでいては、せっかくのメイクも台無しですね。充血などケアをきちんとしましょう。目に透明感があるだけで印象が変わってきますよ。

普段あまり意識しない目の健康ですが、肌と同じようにいたわって目力を上げましょうね。

(平野 宏枝)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP