COLUMN

飲み会が多い季節に、二日酔いをケアする方法とは


歓送迎会などで、お酒を飲む機会も多いこの時期。楽しくてつい飲みすぎてしまい翌日の二日酔いに悩まされている方もいるのではないでしょうか。


そんな悩める二日酔いは、お酒を飲む前・飲んでいる間・飲んだ後のちょっとした工夫で軽くすることが可能です。その方法をご紹介します。

■飲酒前のケア
アルコールを分解しているのは、肝臓から分泌される胆汁です。飲む前に肝臓の機能を高めておけば、二日酔いの元となるアセトアルデヒドが代謝されやすくなり二日酔いを防ぐことができます。

胆汁の分泌を促進させる作用があるのが、クルクミンという成分で、多く含まれているのがウコンです。今は、ウコンを素材にしたサプリメントや清涼飲料水が多く販売されているので、飲酒前に摂取しておくといいですね。

また、肝臓でのアルコールの代謝を助けてくれるのが、ビタミンB群です、こちらも合わせて取り入れるようにしましょう。

■飲酒中のケア
アルコールを飲むと、その利尿作用で体内の水分はほとんど失われてしまいます。また、血液中のアルコール濃度が高くなってしまい、二日酔いやむくみなどがおこりやすくなります。

これを防ぐためには、お酒を飲んだら同時に同じくらいのお水を飲むようにすることです。お酒を一口飲んだら、お水を一口飲む。この水分補給は、アルコール濃度を薄める効果以外にも、水分を摂取することによってお酒の量自体も減らしてくれる効果があります。

■飲酒後のケア
二日酔いになってしまったら、とにかく水分をたくさんとり、体外に排出するようにしましょう。たくさん尿を排泄すること、汗をかくことが重要です。

シャワーを浴びたり、ぬるま湯のお湯につかるなどして血行を良くし新陳代謝を良くすることも効果的です。たっぷりの水分をとって、体内のアセトアルデヒドを分解し、汗と尿で体外に排出すると、二日酔いは軽くなります。

「酒は百薬の長」という言葉もありますが、どんなに良いお酒でも、飲みすぎは身体に悪影響です。お酒は適量を楽しむようにしましょうね。

(平野宏枝)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP