COLUMN

パーティースタイルコーディネート術


新緑の季節、気候も良くなって結婚式が増える時期ですね。幸せ気分を分けてもらえるおよばれはうれしいものですが、準備が大変なのも事実。着ていくものだけでもいろいろ頭を悩ませますよね。そこで今回はパーティーコーディネートのポイントをご紹介します。


☆どんなドレスを着る?
■可能な限り華やかな色を
まずはドレス選び。友人の結婚式であってもブラックを着る人がとても多いですが、ブラックの衣装を着た人ばかりだと写真がお葬式のようになってしまいます。

花嫁が引き立つように地味に目立たない色で…と考える方もいると思いますが、華やかでおめでたい席なのですし、女性は華をそえる役割もあるのですから過度な遠慮は必要ありません。

花嫁の色であるホワイト、明るいベージュは避けるべきですが、ぜひきれいな色のドレスでパーティーに華をそえましょう。ピンクや、今年のトレンドカラーでもあるグリーン系がオススメです。

■大きい人、小さい人に似合うドレスは?
次にドレスのデザインですが、小柄な方は丈が気持ち短めでタイトなシルエットのドレスがとても似合います。逆に大柄の方は裾がひらひらして、アシンメトリーになっているようなデザインの方が体型のカモフラージュになります。

横に大きめの方は首から下半身にむかってストンと広がっているAラインのドレスが、ゆとりのあるつくりになっているので着やすいでしょう。後ろがリボンで編み上げになっているデザインのドレスもサイズ調節がしやすい上に上半身がしまって見えるのでオススメです。

胸がうすい人は胸元が開いているドレスは貧相に見えがちなので避けましょう。

☆小物の合わせ方
■ドレスに合うはおり物
ドレスが決まったら次は小物選びです。まず、はおりものですが、大人っぽい印象にしたいのであればストール、かわいい印象にしたいのであればボレロが合います。

着脱しやすいのはストールですが、ストールはずり落ちや着崩れしやすく、動きやすいのは断然ボレロなので、余興などを頼まれている場合はボレロの方が安心かもしれません。

首回りがすっきりしたデザインのドレスには、衿つきや花などのモチーフなどがついたボレロが合います。逆に胸元にデザイン性のあるドレスには、衿や装飾のないすっきりしたものを選びましょう。

■小物の色をそろえるor一点外す
ドレス以外の小物の色をそろえると統一感が出てまとまりのあるコーディネートになります。ただ無難な印象になりがちなので、小物を一つドレスの反対色にしたり、対象的な明るさのものなどにして1点はずすとヌケ感が出ます。

■印象を変える靴とバッグ、アクセサリー
パーティーバッグは小さい方が断然かわいく、フォーマルにも見えます。小さいと何も入らないですがバッグはほとんどアクセサリーなのだという感覚で容量はあきらめ、入らない分の荷物はサブバッグで補いましょう。

靴でも印象は変わります。かわいい感じのドレススタイルにはラウンドトゥ、クールな感じや、エレガントな感じのドレススタイルにはポインテッドトゥが合います。

アクセサリーは上品系ならパール、華やかさを出したいならゴールド、繊細さやクールな感じを出したいならシルバーを合わせましょう。

☆結婚式およばれスタイルの基本マナー(上から重要度高)
・挙式の間は必ず肩をかくして露出を控えめに
・白、明るいベージュ(アイボリー)のドレスはさける
・ドレスの丈は膝丈(短すぎるものはNG)
・昼間の式はキラキラ光りすぎるものは避ける
・ストッキングはベージュで(透け感のない真っ黒タイツはNG)
・シューズはつま先とかかとの隠れたものを

ウエディングのスタイルが多様化するなかで装いのマナーも柔軟になっていますが、どんなスタイルのパーティーか、主役二人の家柄なども考慮して最低限のマナーは守った上で、埋もれない、自分らしいステキな装いでパーティーを楽しみましょう。

(金沢 霞)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP