COLUMN

一度で二度三度たのしめる! 料理リメイク術 〜クリームシチュー編〜


忙しいときに便利なカレーやシチューなどの煮込み料理。1人暮らし、2人暮らしだと、たくさん作って余らせてしまうことが多いメニューのド定番といってもいいのではないでしょうか?

今回はたっぷり作ったクリームシチューをリメイクして、上手に食べ尽くすレシピをご紹介します。

それでは、さっそく…まず、1日目。思い思いのクリームシチューを作ってください。

こちらは、サーモンのクリームシチュー。具はじゃがいも、たまねぎ、にんじん、サーモン、ブロッコリー。サーモンの旨みをしっかり感じる濃厚なシチューです。

そして、2日目。ゆでたマカロニやペンネをあわせてチーズをのせてオーブンで焼いてグラタンにしたり、同様に、ごはんにかけてチーズをのせてドリアにしたり…。

クリームシチューのリメイクはいろいろありますよね。ホワイトソース代りに使うことができるので、今回はクリーミーなコロッケにリメイクします!

ただ、とろとろ〜なクリームコロッケを作るには、残ったシチューの濃度調節が少々大変なので、クリーム多めの「クリーミーなポテトコロッケ」にしましょう。

●クリームシチューをリメイクで簡単! クリーミーなポテトコロッケ
1)じゃがいもはよく洗い、皮ごとふんわりとラップに包んで電子レンジで加熱する。(じゃがいも1個につき600Wで4〜5分程度)

2)柔らかくなったら、熱いうちに布巾やキッチンペーパーなどを使って皮をむき、つぶす。

3)残ったクリームシチューを冷たいまま加え混ぜ、塩・胡椒で味をととのえる。

4)適当な大きさの俵型にまとめ、小麦粉、卵を混ぜたものにしっかりくぐらせ、ムラのないようにパン粉をつける。

5)高温の油でこんがりと揚げる。

シチューが多ければ多いほど、クリーミーだけれど成形しにくくなるので、ベチャベチャするときは一度冷蔵庫で冷やしてから作業しましょう。

今回は、シチューの具のじゃがいも、にんじんも一緒につぶし、サーモンも小さくほぐして混ぜました。というわけで、クリーミーサーモンポテトコロッケ。

残り物には見えない「メインおかず」から「メインおかず」へのリメイク。

シチューを作るのと一緒に、マッシュポテトも作っておいてタネを作るところまでやっておくと、翌日がとてもラクチンです。

完全に冷めて扱いやすくなったタネが冷蔵庫にあるところからスタートなので、あとは丸め直して衣をつけて揚げるだけ。いっきにボリューム晩ごはんが完成します。

ぜひ、お試しください!
(森崎繭香)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP