COLUMN

恋愛体質をつくるなら女子校精神で行け!


「ここ5年〜6年くらい、誰にもときめいていない! 」という、恋愛感度が低くなっている女子が急増しています。そんな、恋愛感度の低い女子にありがちな口癖が「いい男がいない」「女子と一緒にいたほうが楽しいもん」等々…。


かたや、「また好きな人できちゃった」と、別れても一瞬で彼氏が出来る恋愛体質女もいる。そんな、常にときめきスイッチがオンになっている女子は「出会いってけっこうあるよね」という考えがベースにあるから出会いが途切れない。

そもそも「いい男がいない」という先入観が全く無いので、スポーツジムでもカフェでも、道を歩いていてもすべてが出会いの場になっているのです。

私の周りを見ていると、ときめかないという女子は共学出身、すぐにときめく女子は女子校出身者に多い気がします。その理由は、女子校出身だと男子は特別な存在であり、好き嫌いは別にしても、相手を必然的に異性として意識しているからなのでは。

共学だと、異性も友達意識が強く、壁を作らずに自然に接する事ができる。それは、友達を増やすのにもコミュニケーションにもとてもプラスに働くけれど、恋愛意識が生まれにくくなります。

では、どうしたら女子校的恋愛体質になれるのでしょうか。

■1. 周りの男はすべて恋愛対象だと思い込む
ときめかない女子に「今日誰かいい人いた? 」と聞くと「え? 誰も見てない」といいます。恋愛体質の女子は、「スタバの店員さんがかっこよかった」という答え。

たとえば女子校では男子がいないので、電車の中や寄り道したマックなどが出会いのすべてになります。つまり、世の中の男を異性として見ているので、ちょっと素敵な人がいれば「キャッ」となり、優しくされれば「いいかも? 」と思ってしまう。

男を単なる同じ生き物だと思わずに、自分と付き合うかもしれない「異性」だと意識することで、ときめきスイッチが作動しやすくなるのです。たとえば電車に乗ったときに、「この中で付き合うなら誰にしよう? 」と、妄想彼氏をつくる訓練もおすすめです。

■2. 女性性を磨く
「自分が女である」ということを再確認する作業を行うことで、「男」を異性と認識する習慣をつけます。

女子校では、「女性は女性らしく」という昔からの日本のしつけを教育方針にしているところが未だに多く、思春期の頃から「女性は特別な存在」という意識を持ちやすくなります。

ネイルケアを念入りにしてみる、官能的な香りのボディクリームを塗る、セクシーな下着をつける、言葉遣いやしぐさを女らしくするなど、普段の生活から変えて行くことで、内に秘めた女性性を引き出しましょう。

■3. 女子会を控える
男子がいることが非日常の女子校では、学校外では男子を交えて遊ぶ機会が多かったりします。女子同士でいるよりも、男子と交流をもつことで自分が女性であるという意識が芽生えます。

女子会は、必ずといって「いい男ってやっぱりいないよね」という悪口大会になるため、「男のために女を磨こう」というモチベーションを一気に下げてしまう危険性が。

それなら、たまに褒めてくれる男友達とランチするほうが、よっぽど恋愛感度を高めるのに有効です。


(安田光絵)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP