SPECIAL

ジェルネイルをマスターしてキレイのプロに

ジェルネイルをマスターしてキレイのプロに
ネイル大好きな女子なら、「自分でジェルネイルができたらなぁ」と思う人も多いはず。道具やアイテムも市販されているので気軽にやっている人も少なくないかもしれませんが、それって実はアブナイことも…。キレイでオシャレ、そして安全にジェルネイルを施すには正しい知識&技術が必要なんです。しっかり基礎が学べて、ネイリストへの道も開ける「JNAジェルネイル技能検定試験」を紹介します!

大人気ジェルネイルを基礎からマスター

◆知らないと危険! セルフジェルネイルの注意点
 間違った自己流ネイルではオシャレどころかかえって“キレイ”が損なわれてしまうことも。JNA講師会会長・JNA常任本部認定講師の小笠原弥生さんは「安易な知識で行うことでアレルギー反応を起こしたり、爪とジェルネイルの間に隙間ができるリフト(浮き)が起こり、“グリーンネイル”と言われる緑膿菌感染症を発症してしまうことがあります」(以下同)と教えてくれました。
JNA講師会会長・JNA常任本部認定講師/小笠原弥生さん

JNA講師会会長・JNA常任本部認定講師/小笠原弥生さん

 また、きちんとしたネイルケアや甘皮手入れをしないことで「リフトが早くなったり、逆に過度な処理でクレンザーやジェルリムーバーでアレルギー反応がでてしまう可能性もあります」。無理に剥がして爪を薄くしてしまう、爪からはみ出てしまったジェルが皮膚につくことによってアレルギー反応が出るなど、技術や知識不足によるトラブルも増えているのだとか。
JNAジェルネイル技能検定
◆「JNAジェルネイル技能検定試験」で基礎からマスター
 安全にジェルネイルを楽しむためにオススメしたいのが、基礎から学べる「JNAジェルネイル技能検定試験」。“技能検定”というとちょっと難しそう…と思ってしまうかもしれませんが、2010年の開始以来、初・中・上級合わせて132,430名が受験。初級の合格率は82.4%と、きちんと勉強すれば高い壁ではないんです。

 初級は義務教育を修了している人なら誰でも受験OK。爪の構造や病気、衛生管理などに関する筆記試験のほか、テクニックの基礎であるネイルケアと、基本的なカラーリングやアートの実技試験が行われます。独学は自信がない…という人にはスクールもあるので安心! 短期間で学べるコースもあり、働いている女性でも気軽に挑戦できます。

ジェルネイル検定でキレイのプロに

ジェルネイル
◆合格すればプロへの道が開けるかも!?
 初級に合格したら、より高度な中級、上級へトライすることが可能に。「中級では、レベルアップしたネイルケア技術が求められます。そしてプロになるには、ポリッシュで基本的なブラシワークを知る必要があるほか、折れてしまった時のためにリペアやアクリルの技術も応用編として必要とされます。プロとして仕事をするためには接客も大切なことを忘れてはいけません」。技術力の高いデザインができるようになれば、ネイリストになることも。

 ネイルサロンだけでなく、美容院やエステサロン、リラクゼーション施設などに勤務している人も多いそうで、自宅を一部開放したり、出張ネイルで仕事するなど、働き方もさまざま。「ネイルが好き」という気持ちがあれば、夢は広がりそう!
中級ではジェルグラデーションの実技課題も

中級ではジェルグラデーションの実技課題も

◆ネイルケアからデザインまで… 検定をのぞき見
 初級とは違い、中級ではプロとして通用する知識や技術が問われます。「キレイで健康的な爪が一番の基本なのでケアはまず学ぶべき技術です」。また、実技課題のグラデーションやフレンチ、イクステンション(長さ出し)はしっかりと基礎があってこそできる技術。ただ塗布するだけでなく、工程や仕上がりも審査対象になるので「JNA認定校でしっかり知識と技術を学んでいただくことで合格により近づくと思います」とのこと。

 夢への第一歩は、しっかりとJNA認定校で学ぶことから始まるのかも!

INFORMATION

日本ネイリスト教会ロゴ
日本ネイリスト協会
日本における健全なネイル産業の発展を目的として1985年に設立。「JNAジェルネイル技能検定試験」を実施してネイル技術及び知識の向上をはかるほか、世界最大級のネイルイベント「東京ネイルエキスポ」を開催するなど、トレンドやネイルの正しい知識・技術を発信している。

公式サイト
Sponsored by 日本ネイリスト協会

RECOMMENDED ITEMS

    PICK UP