SPECIAL

佐藤ありさ&emmaの素顔を直撃

佐藤ありさ&emmaの素顔を直撃
ファッションイベントの祭典「GirlsAward 2016 SPRING/SUMMER」がもうすぐ開催。JOSHI+では同イベントに出演するモデルの佐藤ありさちゃんとemmaちゃんに直撃インタビュー! 開催を直前に控えた意気込みのほか、この春気になっているファッションやこだわりスタイルなど教えてもらいました☆

佐藤ありさ FASHION&BEAUTY

――春ファッションはどんなスタイルにしたいですか?
佐藤ありさ春は大人っぽい洋服とかわいらしいテイストをミックスさせたスタイルにしたいなと思っています。例えば、スリットの入ったタイトスカートにスニーカーを合わせるとか。最近スニーカーをよく履いていて、特にアディダスと「HYKE」のコラボスニーカーがお気に入りです。パイソン柄とベーシックな黒の2色買いしちゃいました(笑)。ヘビロテしてますね。かわいらしいフレアスカートとかに合わせたいな。全身大人っぽいとか、かわいらしいとかじゃなくて、いろいろ組み合わせる感じが好きなので。

――なるほど! タイトスカートにスニーカーなど“甘辛ミックス”が気分なんですね〜。カラーはどうですか?
佐藤私、今日着ている服みたいに普段モノトーンが多いんです。なので、春はちょっとかわいいカラー、例えば薄いピンクにカーキを合わせたりとか、甘い色とクールな色を組み合わせてミックスさせて着てみたいですね。

――ファッションで自分流のこだわりってありますか?
佐藤私、背が160cmなのでモデルにしては高くないんですよ。なので、アイテムの丈やバランスとかはすごく気にしていますね。試着は絶対にします! ハイウエストとかだと少し背が高く見えたりするし、あと靴もぺたんこのものよりは厚底にしてみるとか。少しずつ工夫しています。

――いろいろ工夫をしているんですね! びっくり。ファッションのほかに、メイクで気をつけていることは?
佐藤私、すごい目にコンプレックスがあって。二重の幅が気に入らなかったり、すごいちっちゃな自分にしかわからないところなんですけど(笑)。そういうコンプレックスを隠すためにいろいろ試行錯誤を昔からしてきていているので、自分が気になるからこそがんばってメイクしている部分でもありますね、目は。

――チャームポイントだと思っていたけど意外な事実が…。
佐藤二重幅を広くみせたりとかもそうですけど、目の横幅を広く見せたいからアイラインを長めにひいたりとか。目の印象を強く見せたくないので、ブラックじゃなくて必ずブラウンのアイラインを使います。キツく見えないようにとか、自分のなかでいろいろこだわりがありますね(笑)

――そんなこだわりのアイメイク。この春注目しているメイクを教えて!
佐藤カラーのアイライナーをポイントにしたメイクをやってみたいですね。目尻だけにカラーをのせたりとか、下まぶただけにちょっとピンクを入れてみたりとか。色に挑戦してみたいですね! 普段はブラウンばっかりで、決まったメイクばっかりしていて飽きちゃったので、春らしくピンクとか気になります。

LIFE STYLE

――これからチャレンジしてみたい仕事はありますか?
佐藤声のお仕事というか、声優さんとかやってみたいですね。たぶん、声だけで表現するのってすごく難しいと思うんですけど、すごく楽しそうだなって思うので。あとはナレーションとか、声で伝えることをやってみたいなって思いますね。

 女優さんも機会があればやってみたいなって思います。ドラマとか映画を観るのが好きなので。最近は「リリーのすべて」っていう映画を観ました。エディ・レッドメインさんが好きで観に行ったんですけど、世界で初めて性別適合手術を受けた男性の物語で、いろいろ考えさせられる内容でした。
――なるほど、いろいろ挑戦してみたいことがあるんですね! では、5年後どんな自分になっていたい?
佐藤5年後っていうと、33歳かぁ。どうしよう(笑)。でも、みんな周りの人たちが30代って楽しいっていうんですよ。なので、今も楽しいですけど、もっと楽しいって思っていられるように、仕事をがんばりたいなっていうのはあります。モデルは絶対に続けていきたいので、33歳の自分を想像した時にモデルでいて欲しいと思うし、その他の仕事も広がっていたら嬉しいかな。

――最後に、「GirlsAward 2016 SS」に向けての意気込みをお願いします!
佐藤私、すごく緊張するんですけど、みんなの声援で笑顔になれるので笑顔を見てもらえたら嬉しいです! 楽しいのが伝わればと思うので、緊張しないようにがんばりたいと思います(笑)

PROFILE

佐藤ありさ
1988年9月20日生まれ。ファッション誌『Seventeen』のミスセブンティーン2005に選ばれ、同誌専属モデルとして活動を開始。現在は『MORE』を中心に専属モデルとしての活動のほか、テレビ出演やCM、映画など幅広く活躍中。
OFFICIAL SITE

1 2 >

関連リンク

RECOMMENDED ITEMS

    PICK UP