SPECIAL

石川恋のCute up lesson lesson...01〜キャンドル作り〜

“超絶ラブリー”なドーナツキャンドルを作る♪

女子はやっぱりギャップが命!?
 続いて、ドーナツキャンドル作りの体験コースにもチャレンジ! 恋ちゃんは「“超絶ラブリー”をテーマに、いっぱい盛りたい!」と意気込みます。

 ドーナツのソース部分のカラーにはピンクをセレクト。上に乗せるパーツも、ストロベリーやラズベリー、チョコレート、リボンなどを、迷うことなくピックアップ。まさにラブリーなラインナップです。

 香りはメープルをセレクト。温め溶かしたワックスにインすれば、教室中にスイートな香りが漂います。「ボタニカルプレートは上品な香りを選んだから、こちらは甘い香りにしました。ギャップを狙います(笑)」と恋ちゃん。
ガールズトークも絶好調!
 液状のワックスは、箸でかき混ぜると徐々にそぼろ状に変わります。「理科実験が好きだった」という恋ちゃんは、とても楽しそう。ホロホロになったワックスをラップに包み、おにぎりみたいにギュッギュッとまとめます。

 手でこねて形を整えている間、先生とのガールズトークが始まります。「実はお菓子づくり大好きなんです。よくクッキーを作って学校に持って行ったなー」と、恋ちゃんの女子っぽい一面もぽろり。
 「力を入れすぎると割れちゃうので、優しく少しずつ整えてくださいね」と、先生からのアドバイス。恋ちゃんは、トークに花を咲かせながらも、丁寧に作業します。

 ドーナツ型になったワックスは、ピンクのソースに浸します。そこに、選んだパーツをオン!  2つ目の制作ということで、手慣れた感じでサクサクと乗せていきます。最後に小さな穴を開け、火を灯す芯を通します。クルクルッと巻きつければ、よりかわいい仕上がりに。

液状になったワックスを箸でかき混ぜてそぼろ状になったら、光沢を出すためにピンクのソースでコーティング!

液状になったワックスを箸でかき混ぜてそぼろ状になったら、光沢を出すためにピンクのソースでコーティング!

ユラユラ炎で癒し効果も◎
 「かわいい! 100点!」と、思わず叫んでしまう完成度の高さ。「でも、本物のドーナツにソックリすぎて、うちの犬が食べちゃいそう」と、本気で心配する恋ちゃん。

 「もったいなくて使えない! という方が多いですね。もちろんインテリアとしても素敵なんですが、女子力アップには火を灯すことをおすすめしています。キャンドルの炎は、“1/Fのゆらぎ”と呼ばれるユラユラとした動きをし、見る人をリラックスさせるといわれているんです。また、マイナスイオンを放出するため、癒しの効果も期待できるんですよ!」(先生)。
 コース終了後、教室に置いてあったアルファベット型のキャンドルに興味をもった恋ちゃん。「友だちの出産祝いに、赤ちゃんのイニシャル型のキャンドルをプレゼントしたい!」と、先生にこっそり相談しているのを発見しちゃいました。「世界に一つだけの作品になるから、ぜひまた作りたい!」と、笑顔でキャンドルを持ち帰る恋ちゃんが印象的でした。

(テキスト:馬島利花)

Ren’s voice after the lesson…

INFORMATION

【今回の体験レッスン】各3500円/2時間(ティータイム含む)
◆ボタニカルプレート
好きな色と香りをつけたワックスプレートにドライフラワーをデコレーション
◆スイーツキャンドル(ドーナツ)
お好みのデコレーションを施したキュートなドーナツキャンドル
「Candle Studio 代官山 本校」
東京都目黒区上目黒1丁目10番3号代官山三番館3階

OFFICIAL SITE
石川恋-Ren ISHIKAWA-
1993年7月18日生まれ。雑誌『JELLY』読者モデルを経て19歳で芸能界デビュー。2013年、映画化された話題の本『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の表紙モデルに起用され話題を集めた。12月27日放送予定「旅ずきんちゃん」(TBS系)に出演。2016年用「石川恋カレンダー」発売中。

OFFICIAL BLOG

< 1 2

PICK UP