SPECIAL

林田岬優 Special Interview

専属モデルを務める『Oggi』をはじめ、さまざまなファッション誌で活躍するモデル・林田岬優さん。最近、女優としても活動の場を広げる、今注目のモデルの一人。天真爛漫なのに、ぶれない“芯”がある、そんな魅力あふれる彼女の素顔を追いました。

「妥協したくない」100%でぶつかっていく性格

林田岬優
――『Oggi』をはじめ、さまざまなファッション誌やビューティー誌にひっぱりだこですが、ご自身のモデルとしての強みはどこだと思いますか?
林田岬優どんな撮影でも楽しめるところですかね。スタッフさんと仲良くなって、一緒にみんなで楽しく作品を作り上げていくというか。あと、仕事に対して妥協したくないので、撮影では「もっとこうした方がいい?」とか思ったことをどんどん聞くようにしています。100%でぶつかっていってしまう性格。

 OKカットが撮れた後も、自分の中で納得がいかないと「もうちょっとやってもいいですか?」って、さらに撮ってもらうこともあります。自分だけが突っ走ってもよくないので、周囲に迷惑がかからない程度にですけど(笑)。

 でも、そこで頑張って、OKカットよりいいものが撮れた時、周りのスタッフさんにも喜んでもらえたりするので、そういった仕事へのこだわりというか探求心みたいなものも、評価してもらえているのかもしれません。
――クールなテイストからキュートな雰囲気まで、表現力の豊かさも魅力のひとつ。得意なスタイルや、撮影時に意識していることはありますか?
林田岬優モデルだから洋服を綺麗に見せるというのはもちろんなのですが、一枚の写真に世界観やストーリーがあるような撮影が好きです。そういう撮影の時は、できるだけ自然体でいるように心がけています。ポーズをしようと思ってするのではなく、その人物になりきって自然と出てくる仕草をする、みたいな。

 上京して1〜2年は、「どうやったら自然なポーズができるのかな…」と悩んだ時期もありました。撮影が終わって、上手くできなくてお母さんに泣いて電話したことも(笑)。お母さんも昔モデルをやっていたので、「少しずつ経験していくことが大事だから」ってアドバイスしてくれました。
――お手本にしているモデルさんはいますか?
林田岬優世界的に活躍した山口小夜子さんです。ドキュメンタリー映画『氷の花火〜山口小夜子』を観たことがきっかけだったのですが、すごく感銘を受けて。考え方とか、モデルとしての在り方がすごく素晴らしくて、尊敬しています。

 自分の気持ちが緩んでいるなと思った時とか、もっと頑張りたいなと思った時、山口さんの動画を見て刺激を受けています。一番憧れる人ですね。山口さんのように、女性からも憧れられるようなモデルに私もなりたいなと思います。

1 2 3 >

タグ

関連リンク

RECOMMENDED ITEMS

    PICK UP