SPECIAL

深川麻衣 Special Interview

深川麻衣 Special Interview
アイドルグループ・乃木坂46の卒業から約10ヶ月。女優として本格的に歩き出した、深川麻衣ちゃん。4月26日から始まる舞台『SKIP』の上演に向け、稽古に励んでいます。今作への意気込みや、グループ卒業後の生活などプライベートも語ってもらいました。

新しい場所で頑張っている姿を見せたい

――北村薫の小説『SKIP』が原作となる同名舞台。17歳の高校2年生だった主人公・一ノ瀬真理子が、ある日うたた寝から目覚めると42歳なってしまっていた、という不思議なストーリー。稽古の雰囲気などはいかがですか?
深川麻衣舞台としては13年ぶりの再演となります。出演者の皆さん個性豊かなので稽古も楽しんでやっています。少し前に稽古を通して、「こういう流れになるんだな」と掴めてきました。まだ、できていない部分や課題も多いので、本番までにきちんとしたモノを作れたら…と思って取り組んでいます。

――今回は42歳の真理子を、女優・霧矢大夢(きりやひろむ)さんと2人1役で演じますが、難しさはありますか?
深川麻衣最初は、いろいろ戸惑っていました。もとは違う人間を1人に見せるので、霧矢さんの動きすべてを観察していました。でも、稽古していくうちに“気持ち”を大事にしていった方がいいなと思って。なので、霧矢さんだけが出ているシーンもきちんと見て、この時はこういう気持ちになっているとか、自分が出ていない場面でも、しっかり気持ちも共有するために観察しています。
――もし、自分がある日突然、42歳になってしまったらどうしますか?
深川麻衣状況を飲み込むのに、かなり時間がかかると思います。友達や家族がどうなっているのかを調べたり、連絡を取ろうと思いますね。そんなに、すぐに受け入れられないと思います。でも真理子はきちんと受け入れて、25年経った状況でも頑張っているので(17歳の)女の子としては、すごい! 青春を飛ばして42歳になるので。
――劇中ではダンスシーンもありますね。乃木坂時代と舞台でやるダンスとは違いは?
深川麻衣以前のダンスとは雰囲気が違います。キレイに揃えるところは揃えて、クセとか個性を出すところは出す。そういうところは(お客さんも)見ていて楽しいんじゃないかな。
――乃木坂46時代に卒業前の最後のシングル「ハルジオンが咲く頃」でセンターに立ち、舞台でもダブル主演で“センター”を務めますが。
深川麻衣乃木坂でのセンターは、5年間一緒にいた気心知れたメンバーなので安心感もあって、不安はありつつも楽しかった。今回も、助け合ってやっているのは一緒なんですけど、プレッシャーを感じます。自分が舞台の経験がない中で、周りは場数をものすごく踏んできた方。すごく恵まれた大きな役をいただいて、足を引っ張れない。だからこそ、頑張らないとなと思いますね。

――久しぶりにファンの前に立ちますね。
深川麻衣緊張しちゃいます。舞台中は客席とかを見る余裕はあまりないと思うんですけど、カーテンコールでは見られるかな。「見に行くね」とコメントもたくさんあって、安心感はあります。「グループにいた時とは違う場所で頑張っているよ」っていう姿を見せたいですね。

PHOTO GALLERY

1 2 >

関連リンク

RECOMMENDED ITEMS

    PICK UP