PRESS RELEASE

『ユーリ!!! on ICE 4DX』が大ヒット!4DXシアターが全世界400館を突破!体感型アトラクションシアターの進化が止まらない!

CJ 4DPLEX



(C)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会
『ユーリ!! on ICE 4DX』が9月23日(土)に全国52スクリーンで公開され、公開初日から満席続出の大ヒットスタートを切りました。
「ユーリ!!! on ICE」は昨年テレビ朝日系列ほかにて放映され、アニメ史上初の男子フィギュアスケートを題材にし、爆発的な人気を獲得。
そんな話題の作品の初めての劇場公開、しかも体感型アトラクションシアター4DXでの限定上映とあって、公開前から注目が集まっていました。
4DXではシアター内に吹き渡る「風」、天井から舞い落ちる「雪」、スケートシーンに合わせて動く「モーションシート」などのエフェクトが連動し、まるで作品の中に入り込んだような感覚が体験できると大好評。SNSでも「揺れる!濡れる!すごい!!!」「勇利の涙を浴び、ユリオに蹴られる体験ができた(笑)」「ヴィクトルが出てくるたびにいい香り!最高だった」「楽しかった!毎日行きたい・・・」と絶賛する口コミが投稿されています。
来週からはvol.2、vol.3と上映が続き、ますますの盛り上がりが期待されます。

『ユーリ!!! on ICE 4DX』上映スケジュール
vol.1:9/23(土)〜9/29(金)第1〜第4滑走
vol.2:9/30(土)〜10/6(金)第5〜第8滑走
vol.3:10/7(土)〜10/13(金)第9〜最終滑走
※来場者特典あり。
※10/14以降も上映延長の予定あり。
http://yurionice.com/4dx/

公開初日の舞台挨拶では勝生勇利役の豊永利行が登壇



■全世界の4DXシアターが400館を突破!
2017年9月に中国・北京のワンダシネマ(万達電影院線)に4DXが導入され、全世界の4DXシアターは400館を突破しました。現在、世界49ヶ国、49,000席の設備を要し、年間で8,900万人を収容する規模で展開しています。
4DXは2009年の誕生以来、世界中の映画館で導入が進み、2015年に223館、2016年に346館、2017年9月現在で405館まで増えており、プレミアムフォーマットシネマとしては最速スピードで成長を遂げています。


日本国内でも2013年の初上陸以来、全国のシネコンで導入が進み、2017年9月26日時点で52館に導入されています。
またエフェクト効果も風、水、香りなど既存の効果に加え、雪や熱風など次々と新たな技術を導入し、没入型の鑑賞方法をより進化させています。

■この夏の大ヒット作品で存在感を示した4DX
この夏大ヒットした『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』では、通常の200%の水量で映画の世界観をより楽しめる演出を実現し、アトラクションムービーとして大きな反響を得ました。通常、4DXの興行収入は全体の興行収入の7%程度のところ、本作では10.4%という高い数字を記録。
同じくこの夏ヒットした『トランスフォーマー/最後の騎士王』で10.2%、『スパイダーマン:ホームカミング』では10.2%と、4DXは大きな存在感を示しました。
今後も洋画、邦画、アニメと様々なジャンルの作品で最高の体感型エンターテイメントを提供する4DXにご期待ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ


おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP