NEWS/RELEASE


ダコタ・ローズ、好みのタイプは佐藤健「イケメン」


 モデルのダコタ・ローズ(19)が18日、都内で行われた着せ替える車・ダイハツ『COPEN』発表会に出席した。“リアルバービー人形”としてその完璧な容姿と流ちょうな日本語で注目を集めるダコタ・ローズだが、好みの男性のタイプを聞かれると「俳優で言うと佐藤健みたいな感じ」と紹介した。

 「意外と金髪に青い目より日本人の男の人のほうが好み」だというダコタ・ローズ。佐藤は「最近。ツイッターで流れてて『バクマン。』が好きで映画に出ると知って、調べてみたら、イケメンだねと思いました」と照れ笑いした。

 この日は新型車の助手席を体験。「日本で免許をとったら、京都に遊びに行ってみたい」と目を輝かせ「栗山千明と乗りたい。昔から好きですごくかっこいい。運転がうまそう!」と想像をふくらませていた。

 今年で20歳を迎えるが今後の目標として「自分のブランドをつくりたい。男の洋服も女の子の洋服も。できれば化粧品とかもつくってみたいので頑張ります!」と掲げていた。

 発表会では、着脱構造により外板の“着せ替え”を可能にした世界初の新サービス『DRESS−FORMATION』の開始が発表。ドアを除く樹脂外盤やヘッドランプなどの灯火類を交換することが可能となる。これを記念してリアルバービー=“着せ替え”人形であるダコタ・ローズがァッションショーを実施し、見事な早替えを披露した。

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP