NEWS/RELEASE


ユッキーナ子育てに奮闘「超キツすぎて泣きました」


 タレントの木下優樹菜(24)が25日、都内で自身の妊娠出産に完全密着したプライベートブック『ユキナ産。』(講談社)の記者発表会を行った。8月に長女・莉々菜ちゃんを出産した木下は「いきなり昼と夜が6日間くらい逆転しちゃって、一睡もできなくなった」と夜泣きに奮闘。「オッサン(夫の藤原敏史)も仕事で忙しくて一人でやらなきゃいけなくて超キツすぎて泣きました」と育児の苦労を振り返った。

 「ずっと起きてやがるから『こいつ何!?』って思ったけど、急にピタっと戻って8、9時間寝るようになったんで楽になりました」と今は幾分楽になった様子。家事は「分担とかは決めてない。やれる時にやれる方がやる」としつつ「(夫は)率先してやってくれる。付き合いとかでご飯行っても早く帰ってくるし、優樹菜にキレられるのが嫌なのかな」と笑わせた。

 仕事復帰は「最初はうーんって。『仕事、いいんじゃないかな?』『もっと(子供と)一緒にいたい』ってなっちゃった」と悩んだことを明かし「でもその反面、木下優樹菜を持っていてくれる人を実感する機会があったので、周りに甘えるとこは甘えて復帰することにしました」。藤本からは「俺がサポートする」と言われたという。第2子の予定は「あっちもどんどん衰えちゃうから、兄弟は欲しいですけど」といいつつも「仕事も忙しいし、今は無理ですね」と話していた。

 昨年発売され13万部を記録した前作『ユキナ婚。』に続き出版された同作では日記形式で記された『妊娠生活完全密着ルポ』や親子3人の撮りおろし写真、ロングインタビューなどを掲載。

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP