NEWS/RELEASE


綾瀬はるか、花嫁姿に「不思議な感じ」  自身の結婚式のイメージわかず


 女優の綾瀬はるか(27)、俳優の藤木直人(39)が9日、神奈川・川崎チネチッタで行われる映画『ホタルノヒカリ』初日舞台あいさつ前に“挙式”を行った。イタリアを舞台にした同作にちなみ、ローマの街並みを模した同所に“ヴァージンロード”を再現。ウエディングドレス姿で登場した綾瀬は、集まった800人以上の観客に祝福され「嬉しいですね。キレイなウエディングドレス姿でヴァージンロードを歩けるのは不思議な感じ」と満面の笑み。綾瀬をリードしながら笑顔を振りまいた藤木も「ドレス姿の綾瀬さん? キレイに決まってるじゃないですか」とご満悦だった。

 朝からあいにくの雨にもかかわらず、会場には予定していた500人を上回る800人以上が集結。綾瀬と藤木が姿をみせると奇跡的に雨が弱まり、会場は大盛況。ヴァージンロードをゆっくり歩きながら客席に近寄り、手を振ったり会話をするなどしてファンと交流した。

 綾瀬の花嫁姿を絶賛した藤木だったが「隣に僕なんかがいて申し訳ない」と恐縮し「新婦の父親かと思いましたよ」と自虐的に苦笑い。一方の綾瀬は「劇中で何度も着ているんですが、こんなにキレイなウエディングドレスを着れるのは嬉しい」と声を弾ませニッコリ。これで実際の結婚式のイメージができたかと思いきや「全然わいてないです」と首をかしげていた。

 同作はひうらさとる氏の同名コミックを原作に日本テレビ系で2度ドラマ化され、綾瀬が演じる「外ではしっかり、プライベートではだらだら生活」の主人公・雨宮蛍が同性から高い支持を獲得。ドラマのパート2で“ぶちょお”こと高野部長(藤木)と結婚するハッピーエンドを迎えてから2年後。2人が新婚旅行でローマに行くことを決意し、プライベート初の海外旅行で起こるドタバタ珍道中を描く。

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP