NEWS/RELEASE


石原さとみ「一目惚れ、あります」


 女優の石原さとみ(25)が29日、東京・赤坂ACTシアターで主演舞台『ロミオ&ジュリエット』の公開けいこ前に報道陣のインタビューに応じた。運命的な出会いで恋に落ちる男女の物語にロミオ役の佐藤健(23)は「全てを捨ててもいいというくらいの出会いはなかなかないですね。出会いたいです」とニッコリ。ヒロイン・ジュリエットを演じる石原は「誰もがみんな、一目惚れするというのは納得する。一目惚れ、あります」と過去の恋愛体験を明かした。

 ウィリアム・シェイクスピアの不朽の名作で、初舞台を踏む佐藤は「普段は言わないセリフなので、感情が乗ってこないので難しい」と葛藤を報告。それでも「台本を読んでおもしろいと思ったし、視覚的にも楽しめる。なので、そこに僕たちのお芝居で魔法がかけられたら」と使命感をにじませた。

 初共演となる2人にはキスシーンもあり、演出家ジョナサン・マンビィ氏の“命令”でけいこ中に急きょ実行したエピソードも紹介。佐藤は「僕の中でプランがあったんです…新鮮な気持ちを忘れたくなくて、(けいこの)早い段階でやるのもどうかと思ってたけど、いい感じでできました」と照れ笑いし、石原も「いい感じでございます」と同調して笑いを誘った。

 一目惚れ経験以外にもお互いの初対面の印象も聞かれた佐藤は「オーラがあったし、ビビッというより圧倒されました」と脱帽。石原は「目が色っぽいなって思った。相手の顔を見てしゃべる、紳士な方と思いましたね」と振り返っていた。

 舞台『ロミオ&ジュリエット』は東京・赤坂ACTシアターにて5月2日(水)から27日(日)まで、大阪・イオン化粧品 シアターBRAVA!にて5月31日(木)から6月10日(日)まで上演。

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP