NEWS/RELEASE


肉や魚に合う!? 意外な“カルピス×〇〇”の絶品メニューに舌鼓


 乳酸菌飲料として誕生から約100年の歴史ある「カルピス」。酸味とほのかな甘みが人気で、世代を超えて愛されている。“発酵”という自然製法で作られた「カルピス」を、味噌や糀といった同じ発酵食品と組み合わせて、オリジナル料理をフルコースで楽しめる「BISTRO de CALPIS」が、きょう30日より期間限定でオープン。完全招待制のレストランでいただける、意外な“カルピス”メニューの味わいとは…。

 フルコースは食前酒から始まり全部で7種。なかでもメインディッシュの2品は意外な組み合わせと味わいが際立っている。『ココットで焼き上げた「カルピス」仕込みの西京味噌焼き(サーモンとコーン)』は、香りを体感できる一皿。サーモンは、白味噌とカルピス製品をブレンドした“カルピス味噌”で漬け込んでいるそう。食べてみると、身のふんわりとした柔らかさに驚く。「カルピス」独自の芳醇で甘酸っぱい香りが広がり、口の中では甘みを感じる。色どりも加えてくれるコーンは、シャキシャキで、サーモンとの食感のコントラストが楽しい。

 もうひとつが肉料理『「カルピス」でマリネした和牛とザワークラウト』。上質な和牛を、「カルピス」と肉醤(発酵食品)のマリネ液に漬け込んで焼き上げている。こちらも肉がしっとり柔らかく、旨味が口の中で溢れ出す。添えられたザワークラウトも、乳酸発酵により生まれた酸味が特長。隠し味の「カルピス」が、酸っぱさのなかにほんのり甘みも感じさせてくれる。スタンダードに飲むだけだった「カルピス」の“発酵力”が生かされた五感で楽しめるメニューの数々。意外性とおいしさに夢中で食べきってしまった。
 
 なお、この新しい「カルピス」体験を、7月9日までの期間限定でデザートドリンクとして楽しめる。全3種の中、「カルピス」と赤味噌を使った『CALPIS +味噌BLEND』は、発酵食材同士が織りなす、まろやかな甘さとフローズンのシャリシャリ感がクセになる一杯。ほかにも、ミカンやナタデココを使い、ビジュアルや食感など女子ウケバツグンのものがラインナップしている。“発酵力”を感じられる新感覚「カルピス」ドリンク、興味のある人はぜひ味わってみて。

【商品詳細】
『CALPIS +味噌BLEND』
『CALPIS +糀甘酒BLEND』
『CALPIS +ヨーグルトBLEND』
販売期間:2017年6月30日〜7月9日 ※数量限定
税込価格:各500円
販売店舗:NICOTAMA DAYS CAFE、The Workres coffee/bar

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP